まんじフラワーショップ
-東映大泉作品ロケ地検証紹介サイト-

井の頭恩賜公園 武蔵野市御殿山

『快傑ズバット』第13話「少年殺し屋のバラード」より

ikk_1_z13 ikk_1_20161103

公園西部の遊歩道です。
当時の雰囲気は十分に残っています。

ikk_2_z13 ikk_2_20161103

早川健登場の階段です。
階段は架け替えられていますが、その形状は当時の姿を踏襲したものとなっています。

ikk_3_z13 ikk_3_20161103

現在はタイルが敷き詰められ上品な仕上がりとなっています。

ikk_4_z13 ikk_4_20161103

当時よりも分厚く頑丈な造りであることがわかります。

ikk_5_z13 ikk_5_20161103

画面左上の木は伐採されてしまいました。
しかしながら、その痕跡ははっきりと確認することができます。

ikk_6_z13 ikk_6_20161103

おそらくはこの辺りだと思うのですが確証が持てません・・・
現在の切株の状況から察するに、かなりの数の木が伐採されているようです。


ここは、JR中央線吉祥寺駅から西南西へ約650m、「井の頭恩賜公園」西部にある歩道橋です。

「井の頭恩賜公園」の開園は1917年、東西に長い公園で歩道橋を渡った先には「井の頭自然文化園」(動物園)があります。
ジャンルを問わずドラマや映画のロケ地として使用されているためご存知の方も多いことでしょう。
吉祥寺駅から近くアクセスも良好なため、この日も大変多くの観光客で賑わっていました。

最近ではアニメの舞台としてもよく使用されるため、「聖地巡礼」として訪れる方も多いそうです。
(余談ですが、この日もおそらくは「聖地巡礼」であろうと思しき女子高校生2人組にシャッターを頼まれました。そこでふと気が付いたのですが、我々「ロケ地検証」を行っている人間は画面に人影が入るのを極力嫌いますが、「聖地巡礼」を行っている方々は「当人」も画面に入りたいのでしょうか? これはなかなか興味深い問題で、「聖地巡礼」の方々はもしかすると「共有・同化」が根底にあるのに対し、「ロケ地検証」の人間は・・・?)

<謝辞>
この日は日頃より貴重な情報を頂戴しているhideさんとご一緒し石神井公園・井の頭公園を検証いたしました。ありがとうございました。

ikk_7_20161103

緑に囲まれた場所であるということがよくわかる。

ikk_9_20161103

昭和特撮的にはポピュラーな橋。
非常に人通りが多くなかなかシャッターチャンスが来ない・・・

ikk_10_20161103

夕暮れの井の頭恩賜公園。
彼方のマンションがあの「お化けマンション」を髣髴させる。

(撮影日:2016年11月3日)

PageTop

大泉学園某所 練馬区大泉学園町

『ロボット100番』第17話「パールの涙は真珠です」より

ogc7_3_kako

ogc7_1_kako ogc7_1_20161015

庭木に隠れてわかりにくいですが、殆どの御邸は現存しています。

ogc7_2_kako ogc7_2_20161015

一際立派なこちらの御邸。
その門も塀も当時のままです。

ogc7_3_kako ogc7_3_20161015

まさにこの場所!
右側の塀は前述の御邸です。
さらに背後の御邸もそのまま現存しています。

ogc7_4_kako ogc7_4_20161015

印象的な直線道路。
道路右側に並ぶ電柱と奥の林が一致しています。

ogc7_5_kako ogc7_5_20161015

画面右側の非常に特徴的な外観を持つ御邸も、完全に当時の姿のまま現存しています。

ogc7_6_kako ogc7_6_20161015

坂の勾配と中央の御邸の煉瓦塀が一致しているのがわかります。

ogc7_7_kako ogc7_7_20161015

交差点の角の「京南建材」は姿こそ変われどご健在です。


ここは、西武池袋線大泉学園駅から北へ約3kmに位置する閑静な住宅街の一角です。

当時の学園誘致計画の名残として、周辺は広い範囲で碁盤の目状に整然と区画されています。
『ロボット100番』ではその北東部が頻繁にロケ地として使用されています。

現存、現存、と繰り返し書いておりますが、この一帯は古い住宅街でありますが広い戸建てが多く、まだまだ当時の住宅が現存しています。
ロケ地マニアにとってはなんとも興奮すること請け合いです。

ogc7_9_20161015

整然と区画され1km以上も続く直線道路。
遥か彼方の消失点に今回ご紹介のロケ地がある。

(撮影日:2016年10月15日)

PageTop

大泉学園駅北口商店街 練馬区東大泉

『5年3組魔法組』第15話「ミコちゃんの自転車騒動!」および第16話「会えるかな? あこがれの歌手!」より

1976年(昭和51年)の大泉学園駅北口の光景です。

hongs_1_kako hongs_1_20160619

画面中央のベージュ色の建物が現存しています。
もしかすると左の建物も当時のままなのかもしれません。

hongs_2_kako hongs_2_20160619

画面奥の一角にはまだ当時の雰囲気が残っています。

hongs_3_kako hongs_3_20160619

大泉学園駅北口方面を望んでいます。
劇中の看板の「西武病院」はかつて大泉東小学校の向かいに存在していた病院です。

hongs_4_kako hongs_4_20160619

右側の空地および建物は完全に消失しています。

hongs_5_kako hongs_5_20160619

劇中の看板からこの場所が現在と同様雑居ビルであったことがうかがえます。
それにしてもタクシーの列が凄まじい・・・

hongs_6_kako hongs_6_20160619

レコード店「ECHO」の建物および隣の御邸は現存しています。

hongs_7_kako hongs_7_20160619

特徴的な塀も現存しているのがわかります。
当時はビルが殆ど無いため開放感があります。

hongs_8_kako hongs_8_20160619

レコード店はブティックへと姿を変えましたが、「岩崎時計店」はご健在です。


ここは、西武池袋線大泉学園駅北口北東部に位置する商店街、「東大泉仲町銀座商店街」です。

南口と同様にこの北口も近年大規模な再開発が行われました。
その殆どは姿を変えてしまっていますが、路地の一部などにはまだまだ当時の面影が残っています。

東映大泉撮影所の最寄り駅でありながら、その駅前商店街がロケに使用されることは殆どありません。
日常の商店街を映し出すその映像は、等身大の少年少女を描いた本作品ならではのものです。
1976年当時の大泉学園を知る上で、ほかの資料からは知りえない貴重な映像資料であるといえましょう。

hongs_9_20160619

画面奥が現在の大泉学園駅北口。
橋上駅化されペデストリアンデッキもある。
この通りは撮影当時と比べ、非常に垢抜けている。

(撮影日:2016年6月19日)

PageTop

詳細不明のレストラン

『ロボット110番』第14話「ハートでアタック」で使用されているレストランについて情報を求めています。

周辺の状況などからその場所の特定には至りましたが、実際の店舗に関しての情報はその名称をはじめ全くわかりません。

r110#14_1

劇中名称は「高級レストラン よってけ」。
外観から推測するに、寄棟造り一階建てのようです。

r110#14_2 r110#14_3

エントランスと店内です。
実際の店内で撮影しているものと思われます。

r110#14_4 r110#14_5

店内厨房近くと窓際です。
壁紙や照明がいかにも70年代です。

r110#14_6

場所は西武池袋線保谷駅から東へ約300m、都道233号東大泉田無線沿いです。
建物北側に駐車場があり、さらに北には西武池袋線が走っています。

r110#14_7

現在は「ダイアパレス南大泉」が建っています。
ちょうど「ココス南大泉店」の向かいに位置しています。

営業時期は不明ですが建物自体は1990年代半ばくらいまでは存在していたようです。

外観、内装ともに昭和で大変魅力的です。
もっと深く調べたいのですが、もはや情報が皆無です。
もし、このレストランに昔行ったことがあるという方、内部や周りはこうなっていた、等々ご存知の方がいらっしゃいましたらどんな小さなことでも結構です、恐縮ではありますが情報ご提供願えませんでしょうか?

PageTop

富士見台駅付近 練馬区富士見台

『5年3組魔法組』より

bbohr_1_kako

「おはら理容室」の現在です。

bbohr_2_kako bbohr_2_20160529

西武池袋線複々線化に伴い、現在は高架になっています。
左右のビルは当時の姿のまま現存しています。

bbohr_3_kako bbohr_3_20160529

高架化の区画整理により、残念ながら理容室は姿を消してしまいました。

bbohr_4_kako bbohr_4_20160529

ちょうど植込みの辺りが理容室の並びになります。

bbohr_5_kako bbohr_5_20160529

周辺の景色は大きく変わってしまいましたが当時の姿を重ね合わせることは比較的容易です。


ここは、西武池袋線富士見台駅から西へ約300mに位置する住宅街の一角です。

富士見台~石神井公園間は西武池袋線複々線化において最も初期に高架化された区間です。
当ロケ地である理容室の一角も1980年代半ばには姿を消したものと思われます。

線路を挟んで南側には東西に細長い「富士見台ほんちょう通り商店会」が現在も存在しています。
こちらは区画整理された北側と異なり、当時の雰囲気をまだまだ色濃く残しています。

bbohr_6_kako
国土地理院HP 地理院地図 空中写真CKT7415-C24A-23(1975/01/9(昭50))よりトリミング加工

線路と道路に挟まれた中州状の場所に「おはら理容室」はありました。

(撮影日:2016年5月29日)

PageTop