まんじフラワーショップ
-東映大泉作品ロケ地検証紹介サイト-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

嶮山中央橋 神奈川県横浜市青葉区すすき野

仮面ライダーストロンガー登場話多数

作品前半に頻繁に登場する大変印象的な橋です。

第5話「ブラック・サタンの学校給食!?」より

kenzan_1_kakokenzan_1_20120804

当時の姿は、ここが「街」になる前の姿です。
貴重な過渡期の姿です。

kenzan_2_kakokenzan_2_20120804

手摺がリファインされていることを除けば、至って当時のままです。

kenzan_3_kakokenzan_3_20120804

別の橋からこの橋(画面左上)を臨むショットです。
この景観の変わりよう!!
現在は左右に団地が広がっています。


第7話「ライダー大逆転!!」より

kenzan_4_kakokenzan_4_20120804

静かに力強さを感じさせるケーブル基部。
当時は植込みがあったようです。

kenzan_5_kakokenzan_5_20120804

この場所を象徴する大変印象的かつ芸術的なショット。
残念ながら建物の関係で同アングルからの撮影は不可能でした。


第11話「カメレオーン! 悪魔のフイルム!?」より

kenzan_6_kakokenzan_6_20120804

東側からの橋を臨む。
ケーブル基部の様子がよく判ります。

kenzan_7_kakokenzan_7_20120804

手摺の鏡面反射を利用するというすこぶる秀逸なアングル。
現在の手摺は梨地なので再現不可能でした。


第15話「死を呼ぶ シャドウのトランプ!!」より

kenzan_8_kakokenzan_8_20120804

大いなる成長を遂げた若木達。
送電塔が一致しますが、団地は全く見えません。

kenzan_9_kakokenzan_9_20120804

遥か彼方まで見渡すことができたこの場所も、左手に小学校、右手には公園ができて幾星霜。



ここは、神奈川県川崎市麻生区と神奈川県横浜市青葉区の市境付近に位置する斜張橋、嶮山中央橋です。

劇中映像が示すとおり、当時この辺り一面はまさに開発が始まったばかりの一大造成地でした。
推測するに、この嶮山中央橋は開発最黎明期に建造されたようです。

開発が進み、整備が進み、数十年の歳月を経て、現在「街」としてはもはや熟した状態と言えるでしょう。
景観のあまりの変貌ぶりに、現在の姿に当時の姿を重ね合わせることは極めて困難です。
己の想像力をフル動員してもなかなか追いつきません。

そのような中において、この嶮山中央橋はまるで時が止まっているかのように、変わらぬ姿を見せてくれます。

kenzan_10_20120804kenzan_11_20120804

(左)至極シンプルな銘板。大変潔い。
(右)天高くそびえる主塔。軌道エレベータを想像させます。

kenzan_12_20120804

遺跡のようですらあるその佇まい。
生憎の曇天が悔やまれます。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。