まんじフラワーショップ
-東映大泉作品ロケ地検証紹介サイト-

横浜新道今井IC付近 神奈川県横浜市保土ケ谷区今井町

『特別機動捜査隊』第650話「二億円の謎」より

imiic_1_tks650 imiic_1_20170504

前方の円形の建物は「トラベルロッヂ」と読めます。
環状2号線の建設にともないその敷地は消滅しています。

imiic_2_tks650 imiic_2_20170504

「モテルインペリアル」と読めます。
現在は「ホテルGOLF保土ヶ谷」となっています。

imiic_3_tks650 imiic_3_20170504

「ヴィラプリンス」と読めます。
現在は「HOTEL W-MULIA」となっています。

imiic_4_tks650 imiic_4_20170504

この惚れ惚れするようなシルエット!
これぞ昭和のモーテル!

imiic_5_tks650 imiic_5_20170504

「HOTEL シャトー横浜」と読めます。
前述の「トラベルロッヂ」同様、環状2号線の建設にともないその敷地は消滅しています。

imiic_6_tks650 imiic_6_20170504

右下に碇のマークが見えますが、このモーテルのロゴマークでしょうか?

imiic_7_tks650 imiic_7_20170504

1970年代と現代の感性の違いというものがよくわかります。


『ザ・ボディガード』第5話「喪服の女に手を出すな」より

imiic_8_tks650 imiic_8_20170504

伝説のモーテル、「モテル京浜」の1974年当時の貴重な映像です。

imiic_9_tks650 imiic_9_20170504

「ニュー京浜」と名前は変わっていますが、遠方からでも一目でわかる巨大な看板は健在です。


ここは、横浜新道「今井IC」(当時は「国際ゴルフ橋IC」)周辺一帯のラブホテル街です。

日本式モーテルの歴史は1968年の「モテル京浜」(現「ニュー京浜」)に始まりました。
いわばラブホテル発祥の地がこの今井IC周辺になります。

一般にラブホテルに関する映像資料は非常に乏しく、またその移り変わりも激しいため、これらの作品に映る当時の映像は極めて貴重なものであるといえましょう。

今回取り上げた2作品には、以下の5つのモーテルを確認することができます。
「トラベルロッヂ」
「インペリアル」
「ヴィラプリンス」
「シャトー横浜」
「モテル京浜」

1978年の航空写真でその位置を確認してみようと思います。

imiic_10_tks650

一際目立つ円形の建物が「トラベルロッヂ」、その左下が「インペリアル」です。
横浜新道に架かる国際ゴルフ橋を渡った先にある巨大な西洋城が「ヴィラプリンス」、その右下にある小さな城が「シャトー横浜」だと思われます。

国際ゴルフ橋を挟んだ向かいには「モテル京浜」があります。
『ザ・ボディガード』劇中ではそのガレージ内部の詳細にまでわたって撮影されており非常に貴重な映像資料となっています。

劇中には登場しませんが、空中写真からは「モテル京浜」の向かいにもコテージ型のモーテルが確認できます。
おそらくは日本城をモチーフにした「天守閣」というモーテルだと思われます。

このような東洋も西洋も少しの矛盾も無く混在する非日常的な空間こそが、昭和の日本が誇るモーテル文化の光景であり魅力といえましょう。

imiic_11_tks650

2017年現在、「ヴィラプリンス」であった場所は「W-MULIA」となっており、その隣には同系列の「W-CUTE」が建っています。
数年前まではこの「W-CUTE」は「トラベルロッジ」というホテルでした。
もしかすると、環状2号線の建設にともない消滅した旧「トラベルロッヂ」が移転した姿だったのではないでしょうか。
(あくまでも劇中の円形の建物が「トラベルロッヂ」であることを前提とした仮説です)

imiic_12_20170504 imiic_13_20170504

(左)日本式モーテルのさきがけ。当時は空室待ちの車が列を作って並んでいたという。
(右)オーラが違う。老舗の堂々たる風格。

imiic_14_20170504

横浜新道、国際ゴルフ橋、そしてラブホ群の位置関係がよくわかるパノラマビュー。

(撮影日:2017年5月4日)

【参考文献】
『ラブホテル進化論』 金益見 文春新書
『性愛空間の文化史 -「連れ込み宿」から「ラブホ」まで-』 金益見 ミネルヴァ書房
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

まむしの兄弟 恐喝三億円

またまた、ブログ記事と関係のない話で大変恐縮です。

ツイッターにて『銀蝶流れ者 牝猫博奕』を見逃されたと
拝見いたしました。
遠藤薫さまの出演は前半と後半のそれぞれ回想シーンで
短めですが重要なシーンです。
どちらも父の死を目撃するシーンです。
DVDにもなっています。

5月24日・27日に放送の
『まむしの兄弟 恐喝三億円』にも
薫さまは花売り娘役で冒頭OP直後にご出演です。
こちらは則文監督です。
文太とのセリフの掛け合いありで見応えがありますよ。
このシーンが伏線となってラストにつながります。
ぜひ、ご覧になってください。

クーちゃん | URL | 2017/05/10 (Wed) 17:13 [編集]


Re: まむしの兄弟 恐喝三億円

クーちゃん様、ありがとうございます。

お心遣いありがとうございます、『まむしの兄弟』はすべて録ってあります。『〜恐喝三億円』の冒頭、遠藤氏が出てきたときはまったくの不意打ちだったのでひっくり返ったものです。「ねーちゃんは、どっちや?」「白です」のときの菅原氏の表情がなんともいえないですね。

モリリン | URL | 2017/05/10 (Wed) 22:03 [編集]


失礼いたしました

既にご覧になっていらしたとはこれは大変失礼いたしました。
『銀蝶流れ者 牝猫博奕』よりはマイナーだと思っていましたので。

ところで、1つお聞きしたいのですが、
遠藤薫さまも100話でご出演の
『刑事くん』は東映チャンネルで放映されたことがある、
または、今後放映される可能性がある、
についてはご存知でしょうか?

クーちゃん | URL | 2017/05/11 (Thu) 09:27 [編集]


Re: 失礼いたしました

クーちゃん様、ありがとうございます。

『刑事くん』は東映チャンネルでは私が加入している間(8年間位?)には放映したことがありません。もうそろそろ放映してほしいですよね。

ところで現在放映中の『プレイガール』第249話にも遠藤氏が出演とのことです。現在20話位ですので順調に放映し続けていけば、2年半後位といったところでしょうか。

モリリン | URL | 2017/05/11 (Thu) 19:48 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)