ロケ地まち案内
-東映大泉作品ロケ地検証紹介サイト-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大泉学園駅北口商店街 練馬区東大泉

『5年3組魔法組』第15話「ミコちゃんの自転車騒動!」および第16話「会えるかな? あこがれの歌手!」より

1976年(昭和51年)の大泉学園駅北口の光景です。

hongs_1_kako hongs_1_20160619

画面中央のベージュ色の建物が現存しています。
もしかすると左の建物も当時のままなのかもしれません。

hongs_2_kako hongs_2_20160619

画面奥の一角にはまだ当時の雰囲気が残っています。

hongs_3_kako hongs_3_20160619

大泉学園駅北口方面を望んでいます。
劇中の看板の「西武病院」はかつて大泉東小学校の向かいに存在していた病院です。

hongs_4_kako hongs_4_20160619

右側の空地および建物は完全に消失しています。

hongs_5_kako hongs_5_20160619

劇中の看板からこの場所が現在と同様雑居ビルであったことがうかがえます。
それにしてもタクシーの列が凄まじい・・・

hongs_6_kako hongs_6_20160619

レコード店「ECHO」の建物および隣の御邸は現存しています。

hongs_7_kako hongs_7_20160619

特徴的な塀も現存しているのがわかります。
当時はビルが殆ど無いため開放感があります。

hongs_8_kako hongs_8_20160619

レコード店はブティックへと姿を変えましたが、「岩崎時計店」はご健在です。


ここは、西武池袋線大泉学園駅北口北東部に位置する商店街、「東大泉仲町銀座商店街」です。

南口と同様にこの北口も近年大規模な再開発が行われました。
その殆どは姿を変えてしまっていますが、路地の一部などにはまだまだ当時の面影が残っています。

東映大泉撮影所の最寄り駅でありながら、その駅前商店街がロケに使用されることは殆どありません。
日常の商店街を映し出すその映像は、等身大の少年少女を描いた本作品ならではのものです。
1976年当時の大泉学園を知る上で、ほかの資料からは知りえない貴重な映像資料であるといえましょう。

hongs_9_20160619

画面奥が現在の大泉学園駅北口。
橋上駅化されペデストリアンデッキもある。
この通りは撮影当時と比べ、非常に垢抜けている。

(撮影日:2016年6月19日)
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。