ロケ地まち案内
-東映大泉作品ロケ地検証紹介サイト-

JR八高線金子駅 埼玉県入間市南峯

快傑ズバット第3話「悲しき純金の天使」より

knke_1_kakoknke_1_20141123

東飯能方面を望む。
彼方の山の稜線が一致しているのがわかります。

knke_2_kakoknke_2_20141123

到着列車に時の流れを感じます。

knke_4_kakoknke_3_20141123

箱根ケ崎方面を望む。
八高線は当時はまだ電化されていませんでした。


ここは、JR八高線の金子駅です。

まずは下の写真をご覧ください。

knke_6_20141123

なんということでしょうか・・・
当時の駅舎は消失していました。
「予習」で使用したストリートビューではまだ健在だったので、何の危惧も抱かずに訪れたのですが・・・

knke_3_kakoknke_4_20141123

昭和6年築、大変趣きのある駅舎はご覧の通り・・・

knke_5_kakoknke_5_20141123

無慈悲にも影も形もありません。


これが数年前なら諦めもつきますが、たった2ヶ月前。
茫然自失・・・
訪れる機会は今までにいくらでもあったのに・・・
悔やんでも悔やみきれません。
できるなら時を元に戻していただけませんでしょうか・・・

knke_61020141123knke_7_20141123

(左)昭和を色濃く残す駅名標。
(右)跨線橋のプレートには「1985-3」(1985年3月)と刻まれている。

knke_8_20141123

跨線橋より駅全体を望む。

knke_9_20141123

2014年11月現在の金子駅仮駅舎の様子。
この喪失感は言葉では言い表せません・・・

(撮影日:2014年11月23日)
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)