ロケ地まち案内
-東映大泉作品ロケ地検証紹介サイト-

藤の台団地 町田市本町田

仮面ライダーストロンガー第8話「溶けるなライダー! とどめの電キック!!」より

fdd_1_kakofdd_1_20140503

劇中当時は、遥か彼方まで見通すことができました。

fdd_2_kakofdd_2_20140503

画面後方の山が一致しています。
右手に駐車場という位置関係は今も変わりありません。

fdd_3_kakofdd_3_20140503

無機質だった風景も、今は緑に溢れています。

fdd_4_kakofdd_4_20140503

眼下に広がるはずの街そのものがまだ存在していません。

fdd_5_kakofdd_5_20140503

40年かけて熟成された風景です。
味わい深いものがあります。

fdd_6_kakofdd_6_20140503

道なりに程なく進むと劇中同様この場所へ。
地理的整合性もあります。

fdd_7_kakofdd_7_20140503

印象的なジグザグ小径、駐車場の出入口、溝蓋、全てが当時のままです。

fdd_8_kakofdd_8_20140503

今にも立花藤兵衛が現れそうです。

fdd_9_kakofdd_9_20140503

敢えて変更点を挙げるとするならば、豊かに生い茂った緑といったところでしょうか。


ここは、小田急線玉川学園前駅から北西に約1km、鶴川街道沿いに位置する藤の台団地です。

入居開始は1970年、広大な団地は3つの街区に分かれており、劇中ではその第2街区が使用されています。
城茂と岬ユリ子がオートバイで併走するこのシーンは、ストロンガーという作品における二人の関係を象徴しているようであり大変印象に残ります。

団地内および周辺は、非常に起伏が激しいため、アクセスは小田急線町田駅または鶴川駅からバスを利用するのが一般的なようです。

余談ではありますが、取材当日は地図は頭に叩き込みましたが地形に関する予備知識を全く持たないまま、玉川学園前駅から徒歩で現地へ向かいました。
おかげさまで大変バラエティに富んだ地形をこの上ないほど堪能することができました・・・

fdd_10_20140503fdd_11_20140503

団地へのアプローチの一部である「金井歩道橋」。
その立地、形状、配色、全てが秀逸。
もはや芸術の域に達している。

fdd_12_20140503

広大な団地のほんの一部。
本当はもっと高いところから撮りたかった。

fdd_13_20140503

博物館へと続く小径。
大変趣深い。

(撮影日:2014年5月3日)
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

私も以前このエピソードが気になって藤の台団地と博物館までいったんですがやはり玉川学園前から歩きましたが結構距離ありますよね(笑)

yart先生 | URL | 2014/05/18 (Sun) 11:17 [編集]


Re: タイトルなし

yart先生さん、ありがとうございます。

距離に加えアップダウンが激しくて・・・もうヘトヘトでした。
ゴールデンウィークのちょっとしたハイキングになってしまいましたよ。

モリリン | URL | 2014/05/18 (Sun) 19:02 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)