まんじフラワーショップ
-東映大泉作品ロケ地検証紹介サイト-

第二稲城トンネル 稲城市向陽台

イナズマンF第10話「ウデスパー兄弟の挑戦状!!」より

合体ウデスパー登場シーンです。

d2it_1_kakod2it_1_20140101

防音のためか強度のためか、トンネルは二重構造になっています。

d2it_2_kakod2it_2_20140101

凄まじいまでの造成による変化。
当時は空中であったところに家が建ち並んでいます。
トンネルだけがここが同一の場所であるということを物語っています。

d2it_3_kakod2it_3_20140101

堅谷戸大橋より第一稲城トンネル方面を望む。
こちら側はあまり変化がありません。


ここは、稲城市向陽台付近に位置するJR武蔵野南線第二稲城トンネルです。

武蔵野南線(貨物線)の開通は1976年であり、撮影当時はまだ建設中でした。
「仮面ライダーX」(1974年)のエンディングで大変著名なロケ地でもあり、ご存知の方も多いことでしょう。

d2it_6_kakod2it_7_kako
「仮面ライダーX」EDより

「仮面ライダーX」、「イナズマンF」ともにほぼ同時期(1974年)の作品ですが、トンネルにおける架線の有無から、「イナズマンF」のほうがより後に撮影されたことが判ります。
劇中、この架線はあたかもイナズマンを捉えるためのワイヤーのようであり、視覚的に非常な効果を発揮しています。

新興住宅の日常に突如として口を開ける巨大トンネルの存在は非現実の極みであり、その迫力は他を圧倒するものがあります。

d2it_4_20140101

極めてSF的な光景。
80年代のロボットアニメのワンシーンようである。

d2it_5_20140101

鈍重な生物の頭部に見えなくも無い。
亀の背に世界があるという古代インドの宇宙観を想起させる。

(撮影日:2014年1月1日)
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

イイね!

行かれたんですね!
イナズマンでもロケ使用されていたのは知りませんでした。「仮面ライダーX」の印象が強いもので・・・(汗)。

剥き出しのトンネルが良い感じ。
新年に良いものを拝ませて頂きました。

コロンボ | URL | 2014/01/16 (Thu) 22:45 [編集]


Re: イイね!

元旦に実家の新年挨拶の帰りに寄ってきました。
せっかく車だったのでいろいろ寄りたい所があったのですが、残念ながら時間がありませんでした・・・

でも「青山家」はしっかり寄ってきましたよ!!

モリリン | URL | 2014/01/17 (Fri) 23:07 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)