ロケ地まち案内
-東映大泉作品ロケ地検証紹介サイト-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

六ツ又歩道橋 豊島区上池袋

快傑ズバット第22話「少年ボクサー 涙の父」より

矢川元の父・丈二がうなだれる歩道橋です。

mmh_1_kakommh_1_20130825

画面左は在りし日の「池袋スケートセンター」です。
現在は「豊島清掃工場」へと姿を変えています。

mmh_2_kakommh_2_20130825

一方、この歩道橋は全く変わりありません。

mmh_3_kakommh_3_20130825

後方のマンションも現存しています。

mmh_4_kakommh_4_20130825

犇めくビル群は一致しそうで一致しません・・・

mmh_5_kakommh_5_20130825

直線で構成された空間が大変未来的です。


ここは、JR池袋駅から北北東へ約500m、JR山手線を跨ぐ「六ツ又歩道橋」です。

川越街道の「六ツ又陸橋」と平行して設置された、独立した歩道橋です。

付近にはその名が示すとおり、川越街道、明治通り、春日通り、首都高速5号池袋線が交差する六叉路「六ツ又交差点」があります。
この交差は立体交差となっており、道路同士が有機的に重なり合った非常に複雑かつ重厚な構造になっています。

その非人間的な空間は、限りなくサイバー・シティであるといえましょう。

mmh_6_kakommh_9_20130825

(左)恒例の銘板。達筆である。
(右)歩道橋全景。かなりの長さがある。

mmh_8_20130825

摩天楼にハイウェイ。
この辺り一帯は非常にSF色が強い。

mmh_10_20130825

豊島清掃工場の煙突(高さ210m)。
もはや軌道エレベータにしか見えない。

(撮影日:2013年8月25日)
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

地元民です…

“健&父(ハリケーン丈二)”の背景に映る都営住宅、
現在は手前側、被せる様に瀟洒なマンションが建設されております。

この回は「ヨネクラジム(?)」から始まって
「護国寺」「六ッ又」、そして「石神井公園」と自分の良く知る場所が繁出する
Myランキングでの高位のエピソードと成ります。
勿論“お話”のほうも好く、浪花節ですが終盤、特にラストの父が雄叫び→EDのカタルシスたるやありません。
(余談ですが、試合会場の外観には「代々木体育館」が使用されていますがこれも初見から暫くの間目白繋がりで「カテドラル教会」だと思い込んでいたのでした)

たけじ。 | URL | 2013/09/11 (Wed) 01:41 [編集]


Re: 地元民です…

たけじ。さん、ありがとうございます。

>この回は「ヨネクラジム(?)」から始まって

今はなき「長崎道踏切」のすぐそばですよね。
大変趣のある踏切だったのに残念です。
この場所も取材は済ませてあるのですが、なかなかアップに至ることができません・・・

>「護国寺」

えっ!?
護国寺だったんですか!!
これは貴重な情報をありがとうございます。

当エピソードは、「ゲストに女性が登場しない」という点においても非常に印象に残る「熱い」回ですね。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

モリリン | URL | 2013/09/11 (Wed) 12:55 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。