ロケ地まち案内
-東映大泉作品ロケ地検証紹介サイト-

万世橋 埼玉県入間市

快傑ズバット第30話「悲しき生と死の間に」より

寺田オサムが渡る人道橋です。

msb_1_kakomsb_1_20130721

大変立派な蔵(?)は姿を消してしまっています。
護岸部は当時のまま変わりありません。

msb_2_kakomsb_2_20130721

まさにこの場所!!
団地、線路、道路、橋、全てが一致しています。

msb_3_kakomsb_3_20130721

劇中よりも引いた位置から撮影。
オサムが歩く道筋がよく判ります。

msb_4_kakomsb_4_20130721

同じく劇中よりも引いた位置から撮影。
何故ここだけが当時のものと思しき柵なのでしょうか?


ここは、西武池袋線入間市駅から西へ約300m、入間市内を流れる霞川に架かる万世橋です。

その立地から、地元の方しか渡らないであろう人道橋です。
銘板によると、2004年に現在の橋へと架け替えられたようです。

付近には劇中映像からも判るように、西武池袋線橋梁をはじめ数多くの橋が架かっています。
特に西武池袋線橋梁と国道16号線の高倉橋の架かり方が秀逸で、霞川の上を交差するように二重に架かっています。
真下から見上げると実に非人間的であり、圧倒的な迫力です。

msb_5_20130721msb_6_20130721

(左)柳の下のドジョウならぬ橋の下の鯉。
(右)総てが桧製(!!)。大変趣深い。

msb_7_20130721

散歩中のカモの親子を発見。
二重の橋も親子のように見えてきた。

(撮影日:2013年7月21日)
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)