まんじフラワーショップ
-東映大泉作品ロケ地検証紹介サイト-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

長命寺 練馬区高野台

本件に関してkamimodo様より貴重な情報をご提供頂きました。
この場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございました。


快傑ズバット第18話「危うし!シャボン玉の恋」より

「草の実学園」およびその周辺です。

cmj_1_kakocmj_1_20130630

迫力ある鐘楼は当時のままです。

cmj_2_kakocmj_2_20130630

特徴的な石橋は寸分違わず現存しています。

cmj_3_kakocmj_3_20130630

画面遥か奥にご注目。
右手の仁王門、正面の石玉垣が一致しています。

cmj_4_kakocmj_4_20130630

「南無阿弥陀仏」の文字塔が確認できます。
緑に遮られて見えませんが、後方の「木遣地蔵堂」も現存しています。


ここは、西武池袋線練馬高野台駅から北西約300mに位置する「東高野山 長命寺」です。

寺院という場所柄、基本的に当時のままの姿を保っています。
しかし、昭和50年代半ば~後半にかけて大改修が行われたようで、劇中とは大幅に変わってしまっている場所も多数見受けられます。

cmj_5_kakocmj_5_20130630

敷地内に存在した幼稚園はご覧の通り。

cmj_6_kakocmj_6_20130630

現在は弘法大師像が建立されています。
同一の場所であるとは俄かには信じられません。

cmj_7_kakocmj_7_20130630

この場所に間違いないと思うのですが、この巨大な切り株は一体何処へ?


特に当時の幼稚園園庭部は現在の参道となっており、特定には非常に困難を極めました。
このほかにも、正面の「南大門」や鐘楼を取り囲む「十三仏」などは劇中では確認できないため、大改修時に建立されたものと思われます。

cmj_8_20130630cmj_9_20130630

(左)「弘法大師千百五十年御遠忌供養塔 昭和五十九年四月二十一日」と刻まれている。
(右)御廟橋。秀逸である。

cmj_10_20130630cmj_11_20130630

(左)鐘楼と南大門を望む。
(右)南大門方面より本堂を望む。

cmj_12_20130630

南大門と寺院銘碑ならびに十三重塔。
非常に厳かである。

(撮影日:2013年6月30日)
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。