ロケ地まち案内
-東映大泉作品ロケ地検証紹介サイト-

永山公園 青梅市本町 その2

快傑ズバット第19話「悲恋 破られたラブレター」より

ラストシーン、八鹿いぶきが黄昏れる場所です。

nykn2_1_kakonykn2_1_20130505

まさにこの場所!!
三十余年の歳月を経ても変わらぬ佇まいです。

nykn2_2_kakonykn2_2_20130505

ロケ地特定の決め手となった側溝。
柵のテクスチャーも一致しています。

nykn2_3_kakonykn2_3_20130505

背後の木々はもはやカオスといえましょう。

nykn2_4_kakonykn2_4_20130505

八鹿いぶきの後方、凹型の建物が現存しているのが判りますでしょうか。


ここは、前回ご紹介いたしました藤棚の西側、同じ永山公園内にある児童遊具付近の高台です。

この場所からは、見事なまでに青梅市街が一望できます。
傷心の八鹿いぶきが黄昏れる場所に選んだのも理解できる気がします。

今回訪れた時期は5月でした。
様々な木々や植物に囲まれているため、その時期毎に四季折々の表情を見せてくれそうです。

nykn2_5_20130505

やはり黄昏時にもう一度訪れたい。

nykn2_6_20130505

木々の隙間から青梅市街を望む。
八鹿いぶきもこの光景を眺めたのだろうか・・・

(撮影日:2013年5月5日)
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)