ロケ地まち案内
-東映大泉作品ロケ地検証紹介サイト-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大泉学園某所 練馬区大泉学園町

『ロボット100番』第17話「パールの涙は真珠です」より

ogc7_3_kako

ogc7_1_kako ogc7_1_20161015

庭木に隠れてわかりにくいですが、殆どの御邸は現存しています。

ogc7_2_kako ogc7_2_20161015

一際立派なこちらの御邸。
その門も塀も当時のままです。

ogc7_3_kako ogc7_3_20161015

まさにこの場所!
右側の塀は前述の御邸です。
さらに背後の御邸もそのまま現存しています。

ogc7_4_kako ogc7_4_20161015

印象的な直線道路。
道路右側に並ぶ電柱と奥の林が一致しています。

ogc7_5_kako ogc7_5_20161015

画面右側の非常に特徴的な外観を持つ御邸も、完全に当時の姿のまま現存しています。

ogc7_6_kako ogc7_6_20161015

坂の勾配と中央の御邸の煉瓦塀が一致しているのがわかります。

ogc7_7_kako ogc7_7_20161015

交差点の角の「京南建材」は姿こそ変われどご健在です。


ここは、西武池袋線大泉学園駅から北へ約3kmに位置する閑静な住宅街の一角です。

当時の学園誘致計画の名残として、周辺は広い範囲で碁盤の目状に整然と区画されています。
『ロボット100番』ではその北東部が頻繁にロケ地として使用されています。

現存、現存、と繰り返し書いておりますが、この一帯は古い住宅街でありますが広い戸建てが多く、まだまだ当時の住宅が現存しています。
ロケ地マニアにとってはなんとも興奮すること請け合いです。

ogc7_9_20161015

整然と区画され1km以上も続く直線道路。
遥か彼方の消失点に今回ご紹介のロケ地がある。

(撮影日:2016年10月15日)

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。