まんじフラワーショップ
-東映大泉作品ロケ地検証紹介サイト-

『特別機動捜査隊』オープニング(1971年)ロケ地

『特別機動捜査隊』オープニング(1971年)より

tks1971op_1_kako

新幹線と併走する姿が印象的な1971年以降のオープニングです。

tks1971op_2_kako tks1971op_2_20160402

有楽町駅南側を走る東京高速道路(KK線)です。
2016年3月31日オープンの「東急プラザ銀座」屋上テラスより撮影。
非常に惜しいのですが、同アングルの撮影は不可能でした。

tks1971op_3_kako tks1971op_3_20160320

赤坂見附交差点付近を皇居方面に向かって走行しています。
高架は首都高速4号新宿線です。

tks1971op_4_kako tks1971op_4_20160320

上記とほぼ同じ場所を今度は赤坂方面に向かって走行しています。

tks1971op_5_kako tks1971op_5_20160320

道路照明灯は新しいものになっています。
劇中映像の画面奥の建物は鹿島旧本社ビルです。

tks1971op_6_kako tks1971op_6_20160320

赤坂見附交差点をオーバーパスする青山通りです。
赤坂方面へ向かって走行しています。

tks1971op_7_kako tks1971op_7_20160327

国会正門前道路を三宅坂方面へと走行しています。
劇中映像からは、まだ霞ヶ関ビルディングと中央合同庁舎第4号館しか存在していないことがわかります。

tks1971op_8_kako tks1971op_8_20160327

そのまま画面は右へパンし、国会図書館へと向かっていきます。

tks1971op_9_kako tks1971op_9_20160320

国会図書館付近の青山通りを赤坂見附方面へと走行しています。
首都高速4号新宿線の橋脚が印象的です。

tks1971op_10_kako tks1971op_10_20160320

青山通りから外堀通りへと向かうスロープを走行していきます。

tks1971op_11_kako tks1971op_11_20160320

「東急プラザ赤坂」前の歩道橋をくぐり新橋方面へと向かいます。

tks1971op_12_kako tks1971op_12_20160320

「東急プラザ赤坂」のオープンは1969年。
その外観に殆ど変わりはありません。

tks1971op_13_kako tks1971op_13_20160320

三宅坂から麹町消防署永田町出張所前を通過し国会正門前へと向かいます。

tks1971op_14_kako tks1971op_14_20160320

ラストは桜田門から国会議事堂へと向かいます。

tks1971op_15_kako tks1971op_15_20160320

締めは国会議事堂のアップです。


15年の長きにわたって放送された『特別機動捜査隊』は数回にわたりオープニングテーマ及び映像が刷新されています。
今回は第479話「浅草の唄」より刷新された1971年以降のオープニングをご紹介いたします。

冒頭シーンのみ有楽町で撮影されており、以降の一連のシーンは赤坂見附及び国会議事堂周辺で撮影されています。
ハイウェイを駆け巡るダイナミックな疾走シーンが印象的ですが、ひとつひとつを検証していくと(疾走シーンにはよくあることですが)実際はごく限られた範囲で行ったり来たりしていることがわかります。

45年前と殆ど変わらないその光景は、当時の都市計画がいかに完成されていたかを物語っています。

tks1971op_16_20160320

赤坂見附歩道橋より撮影。
他の特撮や刑事ドラマでも使用されるポピュラーなアングルである。

tks1971op_17_20160320

豊川稲荷前歩道橋より撮影。
昭和特撮的には『ロボット刑事』のオープニングが有名。

tks1971op_18_20160320

国会議事堂をまじまじと眺めるのは初めてだったりする。

(撮影日:2016年3月20日・3月27日・4月2日)

スポンサーサイト

PageTop

奇譚・「放送開始45周年前夜にロケ地でオフ会」レポート!

去る4月2日(土)、『仮面ライダー』放送開始45周年を記念して開催されました、「仮面ライダー放送開始45周年前夜にロケ地でオフ会」の様子をご報告いたします。

今回の集合場所は、小田急線及びJR南武線登戸駅。
午後2時の集合時間に集まったファンの方々は私を含め7名。
コロンボさんのガイドに従い(おつかれさまでした!)、登戸周辺のロケ地を散策いたしました。

私、生田周辺の地理は少々頭に入っておりますが、多摩川周辺は全く存じておりません。
皆様のガイドやご説明でその場で勉強しながらご同行させていただきました。

offkai_20160402_1 offkai_20160402_2

宿河原の二ヶ領用水沿いの桜並木。
この日は桜が満開!すばらしい!
多くの花見客で大変盛り上がっておりました。
我々一行ですら本来の目的を忘れ、花見に夢中になる一幕も。

offkai_20160402_3

まず到着したのは宿河原堰。
以前訪れた二ヶ領上河原堰、そして私行きつけ(?)の秋ヶ瀬取水堰とはまた違った趣があります。
なんと表現しましょうか、ずいぶんと「穏やか」な印象を受けます。

offkai_20160402_4 offkai_20160402_5

その隣にあるのが舟島稲荷神社。
『仮面ライダー』第37話「毒ガス怪人トリカブトのG作戦」や『好き!すき!魔女先生』第24話「恐怖の黒ピエロ!」での使用が印象に残ります。
同行されたhideさんに劇中同アングルをご教授いただき、興奮のあまり取り乱してしまいました。

offkai_20160402_6. offkai_20160402_7

次に訪れたのはこちらの「水門」。
『愛の戦士 レインボーマン』に使用されているのですが・・・
申し訳ございません!不肖小生『レインボーマン』は未見でございます!
この「水門」の価値が理解できず断腸の思いであります。

offkai_20160402_26 offkai_20160402_8

次なる目的地へ向かうため多摩川の堤防を北上。
ここの桜もすばらしい!

途中にはこの界隈では有名なラ○ホが。
表示は「FULL」。
こらっ!花見をせんか!花見を!
けしからん!

offkai_20160402_9 offkai_20160402_10

到着したロケ地は、『仮面ライダーV3』第6話「ハンマークラゲ出現!放て、V3の必殺わざ!!」ロケ地。
V3はあまり頭に入っていなかったので、帰宅してから観直してみたところ、まさにこの場所!
十分に面影が残っています。

offkai_20160402_11 offkai_20160402_12

同話で風見志郎が変身し、ハンマークラゲ戦へと突入するシークエンスや『仮面ライダー』第6話「死神カメレオン」で本郷猛とルリ子の轢殺未遂で有名(?)なこの界隈。
個人的には、『好き!すき!魔女先生』第16話「ゴキブリ父ちゃん!怪人レスラーもビックリ」が印象に残ります。

offkai_20160402_13

続いて多摩川を渡り、対岸の「五本松」と「多摩川住宅」へと向かいます。
多摩水道橋より撮影。
五本松と給水塔群が確認できます。

うわ~、遠いな~・・・

offkai_20160402_14

・・・と思っていたら、皆様からご教授いただきながら歩いているうちにあっという間に着いてしまった。

おお~、ここが「五本松」か~。
初めて来ました。

普段は練馬・大泉方面でマイナーなロケ地ばかり巡っている私にとって、このような超メジャーロケ地を実際目の当たりにすることは非常に新鮮な体験であり、初心に帰った気持ちでした。

offkai_20160402_15

別アングルからの眺めもすばらしい!
やっぱり現物は迫力が違いますね。
(五本以上生えているように見えるのは気のせい?)

offkai_20160402_16 offkai_20160402_17

続いて「多摩川住宅」へ到着。
『仮面ライダー』第60話「怪奇フクロウ男の殺人レントゲン」の電話ボックスも現存?
またもやhideさんにご教授いただき、『好き!すき!魔女先生』第6話「僕の弟はロボットだ!」の同アングルにひとしきり興奮することに。

全く余談ではありますが、『仮面ライダー』第60話「怪奇フクロウ男の殺人レントゲン」に登場する2人の女子生徒役は星野みどり氏と大木智子氏が演じています。星野氏は『電人ザボーガー』で新田警部の娘美代を、大木氏は『帰ってきたウルトラマン』で伊吹隊長の娘美奈子を演じています。奇しくも両氏とも根上淳氏の娘役という因縁が・・・ということに現地に立って思い当たりました。

offkai_20160402_18 offkai_20160402_19

多摩川沿いにはほかにも、コロンボさんにご教授いただいた『透明ドリちゃん』第22話「私たち結婚します」の「西河原公園」やhideさんにご教授いただいた『イナズマンF』第2話「戦慄のサファリ!海中大作戦!!」の「水門」などがありました。
両氏ともよくまあこんな場所を発見するなぁと改めて感心いたしました。

参加者全員がロケ地を目の当たりにして夢中になっていたため、気が付けば2次会の時間が迫っているではありませんか!
他のロケ地と本日の最終目的地である二ヶ領上河原堰をオミットし、急いで登戸駅に戻らなければなりません。

実は多摩川左岸には狙っていたロケ地が2つありました。
「ここまで来ておいて撮らずには帰れない・・・」
皆様お許しください!
単独行動という強攻策に出ることに!

offkai_20160402_20_2 offkai_20160402_21

一つ目は、『快傑ズバット』第9話「涙の河を振り返れ」のロケ地。
走って撮った割にはよく撮れているな・・・
小田急線多摩川橋梁が完全に架け替えているのがわかります。

offkai_20160402_22_2 offkai_20160402_23

こちらの多摩川水道橋も完全に架け替えられています。
貸しボート店は健在のようです。

offkai_20160402_24_2 offkai_20160402_25

もうひとつのロケ地は、『十代 恵子の場合』(1979年 監督:内藤誠 主演:森下愛子)の沖産婦人科跡地。
おそらく全世界でもこの作品のこのロケ地を探訪したのは私ひとりだけでしょう。
感無量です。

・・・

2次会からはyart先生も参加され、非常に興味深いひと時を皆様と共有させて頂きました。
そして午後7時30分には放送開始45周年を記念して再度の乾杯。

翌日が休みということもあり思わず開放的になり3次会にも参加させて頂きました。
遅くまでお付き合いいただきました皆様、ありがとうございました。
したたか酩酊いたしましたので皆様にご迷惑をお掛けしていないか心配です。
完全に「登戸ナイト・イン・フィーバー」でした。

次回第3回「長沢浄水場」でも皆様どうぞ宜しくお願いいたします。

PageTop

昨日はありがとうございました

昨日2016年4月2日(土)、「放送開始45周年前夜にロケ地でオフ会」に参加してまいりました。

登戸を中心に多摩川沿いのロケ地を皆様とまわることができ大変勉強になりました。
いずれの場所もはじめて訪れる場所であり感慨もひとしおです。
桜も満開であり、期せずして花見も楽しむという風流なツアーでした。

コロンボさん、harryさん、hideさん、hideさんご子息、コーチさん、きたむらさん、そして2次会から参加の御大yart先生、さいとうさん、大変お世話になりました。
昨日は本当にありがとうございました。

なお、当日の内容は後日改めてアップさせていただきます。

PageTop