ロケ地まち案内
-東映大泉作品ロケ地検証紹介サイト-

JR東中野駅前 中野区東中野

快傑ズバット第15話「哀しき母の子守唄」より

hnkn_1_kakohnkn_1_20141130

緩やかに右へとカーブする商店街。
基本的な街並みに変化はありません。

hnkn_2_kakohnkn_2_20141130

ウルフガイの後方、「焼肉 漢江」はご健存です。

hnkn_3_kakohnkn_3_20141130

劇中ではほんの一瞬しか映りませんが、駅舎は当時と殆ど変わりが無いことがわかります。


ここは、JR中央線東中野駅東口およびその北側に位置する東中野本通り商店街です。

現在のJR東中野駅は都営大江戸線東中野駅とも接続しており、非常に利便性の高い駅となっています。

駅西口周辺は環状第6号線山手通りの拡幅や首都高速中央環状線の建設により、劇中当時とは大きく姿を変えてしまっています。
しかしながら、当エピソード冒頭シークエンスに使用されている駅東口周辺はまだまだ当時の雰囲気を残しており、新旧混在といった様相を呈しています。

hnkn_13_20141130

JR東中野駅東口。
昭和を色濃く残した跨線橋が印象的である。

hnkn_12_20150215

一方こちらは同駅西口。
再開発により近代化が進んでいる。

(撮影日:2014年11月30日・2015年2月15日)

スポンサーサイト

PageTop

秋ヶ瀬取水堰 埼玉県志木市宗岡 その2

『トラック野郎 天下御免』(1976)より

agsz2_1_kakoagsz2_1_20150102

かなりの広範囲にわたって護岸が整備されたことがわかります。

agsz2_2_kakoagsz2_2_20150102

調節ゲートと洪水吐ゲートは変わりありません。

agsz2_3_kakoagsz2_3_20150102

彼方に埼玉県道・東京都道40号さいたま東村山線、さらに彼方に武蔵野線が確認できます。

agsz2_4_kakoagsz2_4_20150102

左岸も右岸と同様に護岸整備が強化されているのがわかります。


ここは、前回ご紹介いたしました秋ヶ瀬取水堰の下流側です。

秋ヶ瀬取水堰といえば前回の上流側よりも、この下流側からの光景が有名です。
荒川を横断する一門の調整ゲートと三門の洪水吐ゲートが大変印象的です。
最も左岸寄りには魚道もあり、4月には稚鮎遡上見学会も行われているようです。
(施設内に入ることのできる唯一のチャンス! 是非とも参加したい!!)

右岸左岸ともに有名な釣りスポットであるそうで、この日も取材を終え帰る頃には2台、3台と車が集まり始めました。

agsz2_5_20150102agsz_11_20150102

(左)調節ゲート付近。水位差がよくわかる。
(右)超ロングで捉えてみる。周辺は荒野といった風情。

agsz2_7_20150102

取水堰全景。
最もポピュラーなショットである。

(撮影日:2015年1月2日)

PageTop