まんじフラワーショップ
-東映大泉作品ロケ地検証紹介サイト-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

秋ヶ瀬取水堰 埼玉県志木市宗岡

快傑ズバット第19話「悲恋 破られたラブレター」より

agsz_1_kakoagsz_1_20150102

1964年完成の施設ですが、少しも色褪せることがありません。

agsz_2_kakoagsz_2_20150102

巨大プラントのような取水堰。
堰自体にはまったく変化がないといっていいでしょう。

agsz_3_kakoagsz_3_20150102

一方こちらの取水口は30mほど北へ移設されています。

agsz_4_kakoagsz_4_20150102

非常によく似た建物ですが、当時とは別物です。

agsz_5_kakoagsz_5_20150102

とはいえ連絡橋の存在など、その構造は踏襲されています。

agsz_6_kakoagsz_6_20150102

何度撮り直しても微妙にアングルが合いません・・・どうして?
と、現地で散々悩みました。
このときはまだ移設されていたことを知りませんでした。

agsz_7_kakoagsz_7_20150102

この石畳(?)、相当歩きにくいです。
アクションも大変だったと思われます。

agsz_8_kakoagsz_8_20150102

相当年季の入った青い小屋。
もしかすると当時のままなのかもしれません。


ここは、荒川に架かる埼玉県道・東京都道40号さいたま東村山線の秋ヶ瀬橋から上流へ約500mに位置する秋ヶ瀬取水堰です。

利根川の利根大堰によって取水された水は武蔵水路を通り荒川に注がれ、再びこの秋ヶ瀬取水堰で取水されます。
この取水された水は東京・埼玉の水道原水となり、われわれの日常生活に欠かすことのできない水資源となります。

竣工は昭和39年。
取水堰は劇中当時から変わることなく稼動を続けていますが、ラストバトルのメイン舞台となる宗岡取水口は昭和55年に現在の場所に移設されたようです。

周辺は安全のため立ち入り禁止の場所が多く、劇中と同アングルを捉えるのに苦労しました。

agsz_9_20150102agsz_13_20150102

(左)宗岡取水口全景。
(右)「昭和55年5月」と確認できる。

agsz2_6_20150102

各モジュールを繋ぐ連絡橋。
極めてSF的である。

agsz_12_20150102

振り向けば、なかなかの絶景ポイントだったりする。

(撮影日:2015年1月2日)

スポンサーサイト

PageTop

細山某所 神奈川県川崎市麻生区細山

イナズマン第3話「黒い死を呼ぶファントム地獄!」より

藤波ルミの自宅です。

hsym_1_kakohsym_1_20150101

右側に立ち並ぶ電柱、画面左上から右下に向かう丘陵斜面、そして勾配率の変化する坂。
以上の条件からこの場所に間違いないと思います。

hsym_2_kakohsym_2_20150101

藤波邸自体は跡形もありませんが、こちらも道路の勾配、そして擁壁の一部が一致しています。


ここは、小田急線読売ランド前駅から西北西へ約1km、または同線百合ヶ丘駅から北へ約1kmの場所に位置しています。

この細山をはじめ周囲の高石や多摩美などは町全体が多摩丘陵の一部であるため、非常に起伏に富んだ地形となっています。
前述した「丘陵斜面」は多摩美であり、そこを越えたところにかつて生田スタジオがありました。
「どっこい大作」等の生田スタジオ製作の作品にはこの細山はしばしば登場いたします。


劇中、藤波ルミは父の危機に坂を駆け上って自宅に駆けつけます。

hsym_3_20150101hsym_4_20150101

この旧藤波邸の横にはまさに駆け上ってくるにふさわしい坂があり、最初はこここそが冒頭のロケ地かと思いました。
ところが、劇中よりも勾配は緩く、右側に電柱は無く、左側は擁壁、丘陵斜面は右上から左下へと向かっているため条件を満たしておりません。

父の危機に駆けつける切迫したルミの心情を表現するためには、もっと長く、もっと勾配のある坂が必要であると判断したのでしょう。
そのため細山最頂部である上記の場所をロケ地として選択したものと思われます。

hsym_5_kakohsym_5_20150101

劇中、上記の一連のシークエンスの間に一瞬上のシーンが挿入されるのですが、この場所がわかりません。
ベランダの雰囲気が大変よく似た御邸を発見いたしましたが、門構えが異なるうえ、40年以上も前ですので当然建て替えられているものと思われます。

hsym_6_20150101hsym_7_20150101

余談ではありますが、上記最頂部より坂をどんどん下っていきますと・・・

hsym_8_kakohsym_8_20150101
(左)透明ドリちゃん第1話「パパ!私を叱って」より

「青山動物病院」に到達します。
あっ、偶然にもネコが・・・

(撮影日:2015年1月1日)

PageTop

石神井公園野外ステージ 練馬区石神井町

新年早々、またひとつロケ地が消失しておりましたので、取り急ぎご報告いたします。

正確に申し上げますと「消失」ではなく「改修」なのですが、事態の重要性から報告が必要であると判断いたしました。

ここは、拙ブログでもご紹介いたしました石神井公園野外ステージです。
非常に多数の東映作品に登場したこの場所も、1980年代後半に大改修が行われ、大きく姿を変えました。
今回の改修も既存のステージを全て取り壊し新たなステージを構築するという、前回に勝るとも劣らない大規模なものとなりそうです。

sjknygstg_1_20150103sjknygstg_2_20150103

(左)既にフェンスで囲まれ立ち入ることはできない。
(右)まったく寝耳に水。全て取り壊されている。

sjknygstg_3_20150103sjknygstg_4_20150103

(左)信じがたいことにステージは跡形も無い。
(右)ステージ東端に「お知らせ」を発見。

sjknygstg_5_20150103

完成は平成27年3月下旬予定。
前回の改修から約30年ぶりの大改修になるわけですが、一体どのような姿になるのでしょうか?

「パーゴラ工 1基」というのが気になります。
藤棚復活の予感?

(撮影日:2015年1月3日)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。