まんじフラワーショップ
-東映大泉作品ロケ地検証紹介サイト-

JR八高線東福生駅周辺 福生市福生

宇宙刑事ギャバン第16話「初恋は宝石の輝き さようなら銀河特急」より

hfs_1_kakohfs_1_20141207

まさにこの場所!!
給水塔は失われましたが、ハウスは現存しています。

hfs_2_kakohfs_2_20141207

画面奥は東福生駅です。
劇中当時はまだ橋上駅舎ではありませんでした。

hfs_3_kakohfs_3_20141207

もちろん今なお現役のハウスです。

hfs_4_kakohfs_4_20141207

烈の背後に映るマンションと家屋も当時のままです。

hfs_5_kakohfs_5_20141207

「119」の文字がしっかりと確認できます。
外壁はリペイントされたようです。

hfs_6_kakohfs_6_20141207

「P.125」のハウスも現存しています。
もしかすると屋根も外壁も当時のままなのかもしれません。


ここは、JR八高線東福生駅の北側に位置するかつての米軍ハウス跡です。

米軍横田基地に隣接しているため、当時は数多くのハウスが建ち並んでいたようです。
エトランゼとの初恋を描く当エピソードにおいては絶妙のロケーションであるといえましょう。

シンボリックな給水塔、異国情緒漂うハウス群、劇中極めて叙情的に使用されるこの場所も、残念ながらその殆どは更地となってしまっています。

hfs_9_20141207hfs_10_20121207

(左)東福生駅を見上げる。なかなか趣深い。
(右)箱根ヶ崎方面を望む。割とポピュラーなショットである。

hfs_11_20141207

東福生駅橋上駅舎よりロケ地全景を望む。
現存、そのこと自体が奇跡であるということがよくわかる。

(撮影日:2014年12月7日)

・・・

<余談>

このロケ地は相当長い期間探し続けていたのですが、全く見つけることができませんでした。
完全に行き詰ってしまい半ば諦めていたあるとき、たまたま特捜最前線第52話「羽田発・犯罪専用便329!」を観ていたところ、見覚えのある給水塔が・・・

hfs_7_kakohfs_1_kako
(左)特捜最前線第52話「羽田発・犯罪専用便329!」より

・・・この特徴的な外観、まぎれもなくこの給水塔です。

すわ一大事とばかりにもう一度観直し、周囲の状況を分析してみると、
①米軍基地の近く
②単線の線路
③踏切
ということがわかりました。

上記の条件を全て満たす場所がどこかにあるはずだと、横田基地周辺を徹底的に調べたところ・・・

hfs_8_kako
国土地理院HP 地理院地図 空中写真CKT7416-C24-16(1974/12/26(昭49))よりトリミング加工

ありました・・・!!
単線は八高線、交差する踏切は福生第三号踏切、そして横田基地敷地内にそびえ立つ給水塔。
まさにこの場所!!
ようやく見つけることができました。

hfs_7_kakohfs_7_20141207

福生第三号踏切。
今回のロケ地解明の糸口となった場所です。

スポンサーサイト

PageTop

JR八高線金子駅 埼玉県入間市南峯

快傑ズバット第3話「悲しき純金の天使」より

knke_1_kakoknke_1_20141123

東飯能方面を望む。
彼方の山の稜線が一致しているのがわかります。

knke_2_kakoknke_2_20141123

到着列車に時の流れを感じます。

knke_4_kakoknke_3_20141123

箱根ケ崎方面を望む。
八高線は当時はまだ電化されていませんでした。


ここは、JR八高線の金子駅です。

まずは下の写真をご覧ください。

knke_6_20141123

なんということでしょうか・・・
当時の駅舎は消失していました。
「予習」で使用したストリートビューではまだ健在だったので、何の危惧も抱かずに訪れたのですが・・・

knke_3_kakoknke_4_20141123

昭和6年築、大変趣きのある駅舎はご覧の通り・・・

knke_5_kakoknke_5_20141123

無慈悲にも影も形もありません。


これが数年前なら諦めもつきますが、たった2ヶ月前。
茫然自失・・・
訪れる機会は今までにいくらでもあったのに・・・
悔やんでも悔やみきれません。
できるなら時を元に戻していただけませんでしょうか・・・

knke_61020141123knke_7_20141123

(左)昭和を色濃く残す駅名標。
(右)跨線橋のプレートには「1985-3」(1985年3月)と刻まれている。

knke_8_20141123

跨線橋より駅全体を望む。

knke_9_20141123

2014年11月現在の金子駅仮駅舎の様子。
この喪失感は言葉では言い表せません・・・

(撮影日:2014年11月23日)

PageTop