ロケ地まち案内
-東映大泉作品ロケ地検証紹介サイト-

永山駅 多摩市永山

アクマイザー3第16話「なぜだ?! 赤い傘の秘密」より

nye_1_kakonye_1_20140503

まさにこの場所!!
当時の案内板に、「永山2~5丁目」、「諏訪2~5丁目」、「カーサービス」、「永山1丁目」、「桜ヶ丘方面」と読めます。

nye_2_kakonye_2_20140503

画面は左へパンしていきます。

nye_3_kakonye_3_20140503

デッキのパターンが変化しているのが判ります。

nye_4_kakonye_4_20140503

当時は改札前の大階段であった高架下のスペース。
現在はその空間を有効利用してテナントが入居しています。

nye_5_kakonye_5_20140503

画面左上、「グリナード(永山)」の文字が確認できます。

nye_6_kakonye_6_20140503

円柱形の椅子が設置されたことを除けば殆ど変わりがありません。

nye_7_kakonye_7_20140503

注意深く観察すると、手前の石垣が一段追加されているのが判ります。

nye_8_kakonye_8_20140503

無機質だった駅前ロータリーも大分熟しています。

nye_9_kakonye_9_20140503

特徴的な傾斜のある石垣は当時のままです。
白い建物は、公衆トイレです。

nye_10_kakonye_10_20140503

左の雑木林は「永山駅前緑地」、通称「さえずりの森」です。

nye_11_kakonye_11_20140503

周辺は近代化が進んでいますが、当時の面影は十分に残っているといえましょう。

nye_12_kakonye_12_20140503

石垣の脇にはステンレス製の手摺が設けられています。

nye_13_kakonye_13_20140503

背後の壁も当時のままです。
非常に難解ですが、石垣のパターンが一致しているのが判りますでしょうか。

nye_14_kakonye_14_20140503

凸のある柱が印象的です。
当時は遥か向こうまで見通すことができました。

nye_15_kakonye_15_20140503

木に隠れてしまっていますが、後方の建物も現存しています。
テラスのように見えるものは螺旋状のスロープです。


ここは、京王相模原線および小田急多摩線の永山駅です。

正確には、「京王永山駅」と「小田急永山駅」の2駅から構成されています。
開業は1974年、劇中に登場するその姿は開業間もない姿であり、まだ非人間的で無機質な感じがします。

撮影は、北側ペデストリアンデッキおよび南側ロータリー前で行われており、劇中非常に説得力のある効果を上げています。

駅および駅前商業施設の基本的な構造は約40年経った現在でも劇中当時と殆ど変わりありません。
劇中の映像から確認するに、当時既にバリアフリーの箇所も多く高度に計算された都市計画であったことがうかがえます。
本放送(1975年)の時点で駅も含め街として完成形態であったといえましょう。

nye_16_20140503nye_17_20140503

(左)北側 京王永山駅
(右)南側 小田急永山駅

nye_19_20140503

2線の間から空を見上げてみる。
小田急線の駅壁の基調が「横」であるのに対し京王線のそれは「縦」であることに気づく。

nye_18_20140503

商業施設「グリナード永山」より小田急永山駅を望む。
それぞれの休日を楽しむ人たちが行き交う。

(撮影日:2014年5月3日)

スポンサーサイト

PageTop

町田市立博物館 町田市本町田

仮面ライダーストロンガー第8話「溶けるなライダー! とどめの電キック!!」より

msh_1_kakomsh_1_20140503

暴徒と化した住民に追い詰められた先がこの場所です。
前シークエンスからの地理的整合性もあります。

msh_2_kakomsh_2_20140503

当時は見えていた山肌が今ではご覧のとおり。

msh_3_kakomsh_3_20140503

画面は左へパンしていきます。

msh_4_kakomsh_4_20140503

モールドがスペーシーな煙突(?)は当時の姿そのままです。

msh_5_kakomsh_5_20140503

一方、こちらは密林と化しています。
城茂の左の換気筒(?)が現存しているのが判りますでしょうか。

msh_6_kakomsh_6_20140503

右へ大きくカーブする道路が印象的です。
当時はまだ植込みも無く、無機質で寂しい感じがします。

msh_7_kakomsh_7_20140503

今にもストロンガーが現れそうです。

msh_8_kakomsh_8_20140503

外壁のパターンも当時と全く変わりありません。


ここは、前回ご紹介いたしました藤の台団地のすぐ南に位置する町田市立博物館です。

山口文象氏による設計で開館は1973年、当初は町田市郷土資料館という名称でした。
大きな屋根が大変印象的であり、その姿は当時から殆ど変わることがありません。

周辺は多摩丘陵の典型ともいえる場所であり、起伏のある地形に規則正しく住宅が建て並んでいます。
おそらくは丘陵部の最も高い場所に位置しているため、徒歩でのアプローチは容易ならざるものがあります。

msh_9_20140503

住宅街の一角にひっそりとたたずむ。

msh_10_2040503

空の広さと屋根の大きさのバランスが秀逸である。

(撮影日:2014年5月3日)

PageTop