まんじフラワーショップ
-東映大泉作品ロケ地検証紹介サイト-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

弁天通りガード下付近 武蔵野市吉祥寺南町

快傑ズバット第16話「殺しのぬれぎぬ 哀しみの健」より

松島刑事が疾走する裏通りです。

kjj2_1_kakokjj2_1_20130414

まさに裏通り然とした光景。
画面左の塀が現存しています。

kjj2_2_kakokjj2_2_20130414

在りし日のターミナルエコー。
その後は、ユザワヤを経て現在は解体、再開発により新たな駅ビルへと生まれ変わる予定です。

kjj2_3_kakokjj2_3_20130414

全く変わること無きこの建物!!
外壁、窓、面格子、全てが当時のままです。

kjj2_4_kakokjj2_4_20130414

背後の建物は建て替えられていますが、その面取りされた外観・構造は受け継がれています。

kjj2_5_kakokjj2_5_20130414

ナチスジャガーの後方の橋脚が一致しているのが判ります。


ここは、JR吉祥寺駅の東側に位置する弁天通りのガード下付近です。

北口のアーケード商店街を吉祥寺の「表」とするならば、こちらはまさに「裏」といえるでしょう。
特にこのガード以南は、裏通り特有のアダルトなフンイキが其処彼処に漂っています。

夜ともなればネオンに彩られたオトナの歓楽街が展開されます。

kjj2_7_20130414

大変印象的な看板。
なんともストレートな・・・

(撮影日:2013年4月14日)

スポンサーサイト

PageTop

吉祥寺大通り 武蔵野市吉祥寺本町

快傑ズバット第16話「殺しのぬれぎぬ 哀しみの健」より

松島刑事が疾走する大通りです。

kjj_1_kakokjj_1_20130414

「ホテル黒岩」は詳細不明ですが、「武蔵野質庫」はここを左折、ご健在です。

kjj_2_kakokjj_2_20130414

街路の柳、バスレーンの標識、そして前方に見える駅ガード下が一致しています。

kjj_3_kakokjj_3_20130414

在りし日の東京近鉄百貨店。
その後は、三越・IDC大塚家具を経て現在はヨドバシカメラへと姿を変えています。


ここは、JR吉祥寺駅北口から北北東に延びる大通りです。

周辺は、碁盤の目状に吉祥寺の醍醐味とも言うべき大規模なアーケード商店街が形成されています。
そのそれぞれに「サンロード」や「ダイヤ街」、「元町通り」、「武蔵通り」などユニークな名称が付けられています。

吉祥寺駅を中心に商業地域、住宅街と高度に計算された計画性が感じられる街です。
「住みたい街ランキング」では常に上位だということも頷けます。

ところで、劇中松島刑事疾走の一連のシークエンスは、
近鉄百貨店の南端から吉祥寺駅北口方面に向かって走り、再び近鉄百貨店の北端から南端に向かう
という地理的整合性の無いものとなっております・・・

kjj_4_20130414

吉祥寺駅方面を臨む。
右側がアーケード商店街、左側が劇中の舞台。

kjj_5_20130414

駅および周辺は大規模リニューアル中です。

(撮影日:2013年4月14日)

PageTop

石神井公園 練馬区石神井台 その9

快傑ズバット第14話「白羽の矢 涙の別れ」より

早川健と東条が落ち合う並木道です。

sjkn9_1_kakosjkn9_1_20130223

巨木をなめた構図が印象的。
ネットの向こうは、東京海上日動石神井運動場です。

sjkn9_2_kakosjkn9_2_20130223

劇中、グラウンドの遥か彼方に見える道路は、都道444号下石神井大泉線です。


ここは、石神井公園(三宝寺池側)の北端、都道444号下石神井大泉線から児童公園へと繋がる道です。

北側を東京海上日動石神井運動場、南側を石神井公園野球場Aに挟まれた長さ100m程の銀杏並木です。
野球場を挟んでさらに南側に、よりはっきりとした公園へのエントランスがあるためか、人通りは殆どありません。
公園入口というよりは、通用口といった印象を受けます。

sjkn9_3_20130224

都道444号下石神井大泉線方面を臨む。
まるで合わせ鏡のよう。

(撮影日:2013年2月23日)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。