まんじフラワーショップ
-東映大泉作品ロケ地検証紹介サイト-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

関越自動車道下 練馬区大泉町 その2

快傑ズバット第17話「嘆きの妹 ふたりの健」より

大月しほりを追う早川健が追われる道路です。

kes_8_kakokes_10_20130127

現在の地形の関係で、可能な限り当時の雰囲気と近い場所を撮影しました。
当時の信号機を越えたあたりの関越道合流レーンを撮影しています。
劇中の撮影場所はもっと後方であり、林立する柱は関越道本線のものです。


ここは、前回ご紹介いたしました関越自動車道下から下り方面に100m程の場所です。

基本的な構造は変わっていませんが、細部及び周辺は大きく変わりました。

外環道及び関越道とのジャンクションが建設されたため、この道路は姿を消しました。
現在は敷地内への侵入も不可能となっています。

kes_7_kakokes_5_kako

右は前回ご紹介いたしました直前のシークエンス。
前回が上り方面を撮影しているのに対し、今回は下り方面を撮影しています。
非常によく似た場所ですが、こうして並べてみると異なる場所ということが判ります。

kes_11_kakokes_11_2_kako

劇中映像より。
右端の柱にご注目。
「24 A」の文字が確認できます。

kes_9_20130127kes_9_2_20130127

こちらは現在。
右から2番目の柱にご注目。
「A-24」の文字が確認できます。


巨大なコンクリートの柱が林立する単純ではありますが非人間的な風景。
二度とオリジナルの姿を見ることができないことが残念でなりません。

kes_8_20130127

右から4本目の柱までが当時の関越道。
中3本の柱が外環道とのジャンクション。
左端が大泉インターからの合流レーンです。

(撮影日:2013年1月27日)

スポンサーサイト

PageTop

関越自動車道下 練馬区大泉町

快傑ズバット第17話「嘆きの妹 ふたりの健」より

ナチス連合会に拉致される大月しほり~早川健登場~さらに逃げる大月しほりの一連のシークエンスです。

kes_1_kakokes_1_20130127

「関越練馬インター入口から数えて16番目の柱」の意と推測されます。
現在の画像にも、大変判りづらいですが、右端の柱に「A-16」の文字が確認できます。

kes_2_kakokes_2_20130127

当時は無かった外環道(東京外環自動車道)とのジャンクション。
その開発過程で敷地内にあったこの坂道は消滅してしまっています。

kes_3_kakokes_3_20130127

まさにこの場所!!
関越道のカーブの具合といい、道路の勾配といい、全てが一致しています。

kes_4_kakokes_4_20130127

柱は改修・補強されたようです。
画面左奥に見える鳥居は、「精進場稲荷神社」です。

kes_5_kakokes_5_20130127

道路拡幅を含め、大幅に再開発されています。
早川健がジャンプしている辺りは橋になっており、下には現在も白子川が流れています。


ここは、東映撮影所からもほど近い関越道・外環道大泉インター入口のすぐ裏手に位置しています。

撮影当時は関越道しか存在していませんでしたが、その後1994年に外環道が完成いたしました。
既存の関越道の下を新規の外環道がくぐっているため周辺は複雑な構造になっています。
特に外環道を越えて向う側へ行くためには、それがすぐそこであるにもかかわらず、大きく迂回したり地下道を通ったりしなければなりません。

しかしながら、その景観は一種幾何学的な美しさを持っており、地表や上空を走るハイウェイの様子はさながらSFのようであります。

kes_6_20130127

スカイブルーの空にネオンブルーのハイウェイが映える。

(撮影日:2013年1月27日)

PageTop

JR山手線代々木駅付近 渋谷区代々木及び千駄ヶ谷

イナズマンF第18話「レッドクイン 暗殺のバラード」より

飛鳥夕子は非情にも哲也に対して引金を引く・・・

yyg_1_kakoyyg_1_20130317

国鉄(当時)山手線とそこに架かる首都高速4号新宿線が確認できます。
高所のため、残念ながら同アングルの撮影は不可能でした。

yyg_2_kakoyyg_2_20130317

背後に見える超高層ビルはKDDIビルです。
「マグナ工業」はご健在です。

yyg_3_kakoyyg_3_20130317

断腸の思いではありますが、撮影位置は特定できませんでした。
現在空を見上げると、NTTドコモ代々木ビルがそこにあります。


ここは、JR山手線代々木駅と首都高速4号新宿線の中間辺りに位置しています。

山手線とビル群に挟まれた谷間のような非常に細い道路です。
レッドクインがいる場所は渋谷区代々木、線路を挟んで哲也のアパートは渋谷区千駄ヶ谷になります。

当時の多分に昭和的なこの風景にも、急速に開発の波が押し寄せました。
40年近くが経過し、哲也のアパートがあった辺りはビルというビルに埋め尽くされ当時の面影は全く残っていません。
それとは対照的に、山手線線路沿いの青々とした芝生と擁壁は今でも変わることなく当時のまま現存しています。

yyg_5_kakoyyg_5_20130317

(左)当時の山手線と首都高速4号新宿線。
(右)現在の代々木駅山手線外回りホーム端より首都高速4号新宿線を臨む。

yyg_6_20130317

ドコモタワーと新宿副都心超高層ビル群。
すこぶる絶景。

(撮影日:2013年3月17日)

PageTop

石神井公園 練馬区石神井台 その8

快傑ズバット第16話「殺しのぬれぎぬ 哀しみの健」より

ニセ早川健に追われる大月しほり~ズバット参上までの一連のシークエンスです。

sjkn8_2_kakosjkn8_2_20130223

寺田オサムの右側の石垣(?)にご注目。
カオスと化した草木に埋もれていますが現存しています。

sjkn8_3_kakosjkn8_3_20130223

かつては柵によって明確なエリア分けがなされていたようです。
現在は撤去されています。

sjkn8_1_kakosjkn8_1_20130223

ズバッカーは児童公園の敷地内を爆走しています。

sjkn8_4_kakosjkn8_4_20130223

大変特徴的なソンブレロ型のベンチが確認できます。

sjkn8_5_kakosjkn8_5_20130223

すこぶる印象的な名乗りシーン。
ものすごい高さです。


ここは、前回に引き続き、おなじみ石神井公園内の児童公園です。

劇中映像からも判るように、かつては児童公園自体が独立したエリアとして存在していたようです。
現在はその境界も無くなり、西側の広場と一体化してしまった印象を受けます。

ズバットが名乗りを上げる鉄塔は、隣接する石神井公園野球場Aのナイター照明灯です。
照明灯は全部で4基設置されており、劇中ではその西側のものが使用されています。

sjkn8_6_20130223

西側照明灯の高さがよくわかる。
南側の照明灯も同様のシチュエーションで別の作品で使用されています。

(撮影日:2013年2月23日)

PageTop

石神井公園 練馬区石神井台 その7

快傑ズバット第19話「悲恋 破られたラブレター」より

デビル団の用心棒レッドフォードとの日本一対決の舞台です。

sjkn7_7_kako.jpg

まずは本題に入る前に下記の参考資料をご覧ください。


【参考資料】

忍者キャプター第7話「ミステリー ぬすまれた顔!?」より

sjkn7_4_kakosjkn7_4_20130113

江田所長の娘みどりが佇むブランコです。
リニューアルされていますが、同一の場所です。
後方の木々にご注目。

sjkn7_5_kakosjkn7_5_20130113

右側のY字型の木と中央の木が伐採されているのが判ります。
Y字型の木は、その痕跡が残っています。

以上の事項を踏まえた上で、以下本題に入ります。


快傑ズバット第19話「悲恋 破られたラブレター」より

sjkn7_1_kakosjkn7_1_20130113

八鹿いぶきが吊られている木は、先程のY字型の木です。
現在は痕跡のみが残っています。

sjkn7_2_kakosjkn7_2_20130113

早川健がジャンプしている辺りに、新たにベンチが設けられています。

sjkn7_3_kakosjkn7_3_20130113

レッドフォードもY字型の木に吊るされてしまいました。
伐採された中央の木は痕跡すら残っていません。


ここは、前回ご紹介いたしました三宝寺池から階段を上った先、石神井公園内の児童遊園です。

ブランコ、滑り台、ジャングルジム、鉄棒、砂場と一通り揃った広い公園です。
子供たちや親子連れで賑わい、犬の散歩、ジョギングなど周辺住民の方々の憩いの場となっています。
今回の撮影は1月であり、公園は一面落葉で埋め尽くされていました。

八鹿いぶきならびにレッドフォードが吊るされた木は、その特徴的な外観から、比較的容易に発見できるものと予想していましたが、まさか伐採されているとは思いませんでした。
30年以上の年月を経て、さらに成長した姿を期待していただけに残念極まります。

sjkn7_6_20130113

帰らざる日々の痕跡は、朽ち行くがままに・・・

(撮影日:2013年1月13日)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。