まんじフラワーショップ
-東映大泉作品ロケ地検証紹介サイト-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

こま武蔵台ニュータウン 埼玉県日高市武蔵台

『宇宙刑事シャイダー』第26話「魔界ゾーン大当たり」より

kmmd_0_sd26 kmmd_00_sd26

当エピソードにおいて印象的に使用される、ニュータウンを一望することのできるこの高台は、現在は西武鉄道武蔵丘車両検修場の敷地内であるため立ち入ることはできません。
くわえて車両検修場開設にあたりこの高台は大幅に掘削されたものと思われます。
非常に残念ではありますが、もはや同一アングルでの撮影は不可能なものとなっています。


kmmd_01_sd26 kmmd_01_20170226

上記高台からの望遠ショットのため現在では不可能なアングル。
屋根の形状と窓の配置からこちらの御邸であることがわかります。

kmmd_02_sd26 kmmd_02_20170226

背後に映る山は日和田山です。

kmmd_03_sd26 kmmd_03_20170226

象徴的にインサートされるニュータウンのショット。
いずれの御邸も当時のままです。

kmmd_04_sd26 kmmd_04_20170226

印象的な「大階段」も全く変わることがありません。

kmmd_05_sd26 kmmd_05_20170226

高台に建てられた御邸からはニュータウンを一望することができます。

kmmd_06_sd26 kmmd_06_20170226

先述の「大階段」を上った先がこの辺りになります。

kmmd_07_sd26 kmmd_07_20170226

右側の御邸の屋根の色に若干の変化が見られます。
それ以外は殆ど変化がありません。

kmmd_08_sd26 kmmd_08_20170226

植木、擁壁、標識と全てが一致しています。

kmmd_09_sd26 kmmd_09_20170226

当時と異なる点を発見することが困難です。

kmmd_10_sd26 kmmd_10_20170226

その一方で擁壁の経年変色がその歳月を物語っています。

kmmd_11_sd26 kmmd_11_20170226

これまた撮影不可能なアングル。
可能な限り似せたつもりですが、実際は先述の高台からロングで撮っています。

kmmd_15_sd26 kmmd_15_20170226

劇中最も印象的なショット。
住宅の背後にそびえ立つ配水塔がこの町のシンボルとなっています。

kmmd_16_sd26 kmmd_16_20170226

背後の御邸は寸分違わず現存しています。

kmmd_17_sd26 kmmd_17_20170226

この町で最も大きな交差点です。
右下の空地が駐車場になっているのがわかります。

kmmd_18_sd26 kmmd_18_20170226

この町で最も高いところにある(と思われる)御邸です。
33年を経ても全く変わりありません。

kmmd_19_sd26 kmmd_19_20170226

先ほども登場した住宅街です。
割と狭い範囲をぐるぐる回っていることがわかります。

kmmd_21_sd26 kmmd_21_20170226

屋根の色にご注目。
くどいようですが、当時と異なる点を発見するのが困難です。

kmmd_22_sd26 kmmd_22_20170226

先述の交差点を東から南に向かって走るアニー。

kmmd_23_sd26 kmmd_23_20170226

この坂道を上りきった先に配水塔があります。

kmmd_24_sd26 kmmd_24_20170226

バス停はもちろんフェイクです。
「ニュータウン北」とありますが、実際の場所はニュータウンの南です。

kmmd_25_sd26 kmmd_25_20170226

この広い交差点は大立ち回りを演じるには最も効果的な場所であるといえましょう。

kmmd_26_sd26 kmmd_26_20170226

33年前の時点でかなり育っていた街路樹の枝は落とされてしまっています。

kmmd_27_sd26 kmmd_27_20170226

公園の遊具はリペイントこそされていますが配置も含め当時のままです。

kmmd_28_sd26 kmmd_28_20170226

当時と比較した配色の妙が興味深いものとなっています。

kmmd_29_sd26 kmmd_29_20170226

縁石部分の乱れにようやく年月の変化を感じ取ることができます。

kmmd_30_sd26 kmmd_30_20170226

当時の滑り台の後方に見える造成地が件の高台です。

kmmd_31_sd26 kmmd_31_20170226

交差点西側にある特徴的な階段も現存しています。

kmmd_33_sd26 kmmd_33_20170226

ラストシーン。
メイン一家の御邸も現存しています。
右手の庭木の成長のみが明確な年月の経過を物語っています。

kmmd_34_sd26 kmmd_34_20170226

当時と印象は異なりますが、よく見ると全てが現存していることがわかります。

kmmd_35_sd26 kmmd_35_20170226

こちらも現在撮影不可能な高台からのアングル。
高麗駅ホームから超望遠で撮りました。


ここは、西武池袋線高麗駅の南一帯に広がる「こま武蔵台ニュータウン」です。

1970年代後半から分譲が始まったこの広大なニュータウンは、本放送当時の1984年はまさに最盛期であったと思われます。
劇中同様に夢にあふれたニュータウンでしたが、40年近くが経過した現在は住民の方々の高齢化が進み、さまざまな問題を抱えてしまっているのが現状のようです。
実際に現地に行って驚いたことは、これだけの広大な町であるにもかかわらずスーパーマーケットやコンビニが一軒も無いということでした。

劇中と殆ど変わりの無い現在のその姿は、当時既に町として完成されてしまっており、それ以降の新陳代謝が進まなかったからなのかもしれません。

kmmd_36_20170226 kmmd_37_20170226

このような坂道や急激な高低差が町内いたるところにある。

kmmd_38_20170226 kmmd_39_20170226

果てしない坂道や急階段が続く町並み。
徒歩では結構辛いものがある。

kmmd_40_20170226 kmmd_41_20170226

(左)「こま武蔵台ショッピングセンター」 かつてはこの町の中心であったと思われる。
(右)広大な調整池。こういうのを見ると大変ノスタルジックな気持ちになる。

kmmd_42_20170226

カラフルな滑り台と配水塔。
小林義明監督チックである。(当エピソードは小西通雄監督です)

(撮影日:2017年2月26日)

スポンサーサイト

PageTop

朝霞中央公園 埼玉県朝霞市青葉台

『宇宙刑事シャイダー』第4話「犬になった子供達」より

askck_1_sd4 askck_1_20170129

どこまでも連なる特徴的な柵は当時のままです。

askck_2_sd4 askck_2_20170129

ケヤキ並木の驚くべき成長ぶりには目を見張るものがあります。

askck_3_sd4 askck_3_20170129

かなり幅の広い歩道であり、自転車の通行も可能です。
当初は車道として計画されていたのかもしれません。

askck_4_sd4 askck_4_20170129

コンクリート製の柵には33年という年月による経年変色がみられます。
しかしながら、実に味わい深いものとなっています。

askck_5_sd4 askck_5_20170129

彼方の建物は「朝霞市立朝霞第八小学校」です。
南側には「朝霞中央公園野球場」があります。

askck_6_sd4 askck_6_20170129

北側には「朝霞中央公民館」と「朝霞市立総合体育館」が確認できます。
高所からの撮影のため、残念ながら同アングルは不可能でした。


ここは、東武東上線朝霞駅から南西へ約800mに位置する「朝霞中央公園」です。

かつてこの場所は「キャンプ・ドレイク」と呼ばれた米軍基地の一部でした。
1970年代半ばの返還後、その敷地は当公園や公民館、図書館、学校に転用されています。

公園完成は1982年、広大な敷地内には陸上競技場、サッカー場、野球場、ジョギングコースがあり、本格的なスポーツを楽しむことができます。
この日も少年サッカーで大いに盛り上がっていました。

askck_7_20170129 askck_8_20170129

(左)朝霞中央公園案内図。極めてシンプルである。
(右)朝霞中央公園陸上競技場メインスタンド入口。

askck_11_20170129

想像以上に広大な運動場。
観戦用スタンドや400mトラックも完備。

askck_10_20170129

隣接する「朝霞中央公民館」。
ここはビザンティウムかコンスタンティノープルか。
なかなか異国情緒漂う佇まいである。

(撮影日:2017年1月29日)

PageTop

新宿駅東南口 新宿区新宿

宇宙刑事シャイダー第32話「僕と君のメロディ」より

オズマと民子はダーク星人の魔の手から逃げる・・・

snjktng_1_kakosnjktng_1_20121111

特徴的なファセットを持つ建物。
現在はパチスロ専門店「グリンピース」です。
オープンは本放送より4年後の1988年のようです。

snjktng_2_kakosnjktng_2_20121111

巨大なガード下。
上を走るは甲州街道です。
画面奥へと進むと「新宿タカシマヤ タイムズスクエア」です。

snjktng_3_kakosnjktng_3_20121111

二人で駆け上った階段はもうありません・・・


ここは、もはや説明不要の大都市、新宿駅その東南口です。

放映当時は現在のフラッグスや大階段は影も形もありません。
そして、東南口はおろかルミネ2ですら存在していませんでした。

当時この場所は、小高い丘のようになっており、甲州街道脇へと続く階段が2本あったようです。
1本は真直ぐな階段。
もう1本は2人が駆け上った曲がりくねった階段。
いずれも今はもう存在していません。

現在のこの場所は、均され、整備され、近代化され、新宿駅東南口そして新たな広場として生まれ変わっています。

snjktng_4_20121111

新宿跨線橋より東南口および広場を臨む。
丁度柵に囲われている辺りに階段があったようです。

PageTop

プラッツ大泉 練馬区東大泉

宇宙刑事シャイダ―第39話「仮面が踊る聖歌隊」より

ラスト、聖歌隊の子供たちが「もろびとこぞりて」を歌う階段です。

ozstep_1_kakoozstep_1_20120930

後方の教会(?)はセットであることが判ります。

ozstep_2_kakoozstep_2_20120930

階段側から撮影。
沢村大とアニーが立っている場所は、現在は広大な自転車置き場と化しています。


ここは、東映東京撮影所の真向かいに位置するショッピングセンターです。
かつての東映のオープンセットがあった感慨深い場所です。

核テナントは、「リヴィン オズ大泉店」、1983年のオープン当時は「西友」でした。

余談ではありますが、宇宙刑事ギャバン第36話「恨みのロードショー 撮影所は魔空空間」において、当館建設中の大変貴重な映像を確認することができます。

今回ご紹介する階段は、その南側出入口の駐車場付近に位置しています。
現在はこの階段及びその先は使用されておらず、立入禁止となっています。

ozstep_3_20120930

かつてここにあのオープンセットがあったのかと思うと矢も盾もたまりません。

PageTop

大泉学園駅南口商店会 練馬区東大泉

宇宙刑事シャイダー第21話「ヤーダ! 珍獣家族」より

スリスリ人間態が辻撮影(?)を行う商店街です。

oms_1_kakooms_1_20120714

店舗の大半は入れ替わっていますが、基本的な街並に変化はありません。

oms_2_kakooms_2_20120712

当時と寸分違わぬ光景。
「いずみ自動車」はご健在です。

oms_3_kakooms_3_20120712

そのお隣の「カンナ美容室」は姿を変え、最近まで喫茶店でした。
現在は、・・・???です。

oms_7_kakooms__7_20120712

駅ホームが確認できます。
恐るべき数の駐輪自転車は相変わらずです。

oms_4_kakooms_4_20120712

「エル」と「出逢い」のビルは建て替えられています。


ここは、西武池袋線大泉学園駅南口の線路沿いに位置する商店街です。

南口自体は既に再開発が済み、商業施設兼住宅楝の「ゆめりあ2」の建造、ペデストリアンデッキの設置と、当時とは大幅に様相が異なっています。
また、北口も予定されている再開発計画(平成24年12月着手予定)の準備が遂に始まりました。

そのような中において、この大泉学園駅南口商店会は時の流れから切り離されているかのようです。
変わらぬ街並。
ただ、ゆっくりと時が過ぎていきます。

これまでと同じように、これからもこの大泉学園駅の行く末を見守り続けるのでしょうか。

oms_6_20120712

当ブログおなじみの石神井公園10号踏切もすぐ近く。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。