まんじフラワーショップ
-東映大泉作品ロケ地検証紹介サイト-

JR八高線東福生駅周辺 福生市福生

宇宙刑事ギャバン第16話「初恋は宝石の輝き さようなら銀河特急」より

hfs_1_kakohfs_1_20141207

まさにこの場所!!
給水塔は失われましたが、ハウスは現存しています。

hfs_2_kakohfs_2_20141207

画面奥は東福生駅です。
劇中当時はまだ橋上駅舎ではありませんでした。

hfs_3_kakohfs_3_20141207

もちろん今なお現役のハウスです。

hfs_4_kakohfs_4_20141207

烈の背後に映るマンションと家屋も当時のままです。

hfs_5_kakohfs_5_20141207

「119」の文字がしっかりと確認できます。
外壁はリペイントされたようです。

hfs_6_kakohfs_6_20141207

「P.125」のハウスも現存しています。
もしかすると屋根も外壁も当時のままなのかもしれません。


ここは、JR八高線東福生駅の北側に位置するかつての米軍ハウス跡です。

米軍横田基地に隣接しているため、当時は数多くのハウスが建ち並んでいたようです。
エトランゼとの初恋を描く当エピソードにおいては絶妙のロケーションであるといえましょう。

シンボリックな給水塔、異国情緒漂うハウス群、劇中極めて叙情的に使用されるこの場所も、残念ながらその殆どは更地となってしまっています。

hfs_9_20141207hfs_10_20121207

(左)東福生駅を見上げる。なかなか趣深い。
(右)箱根ヶ崎方面を望む。割とポピュラーなショットである。

hfs_11_20141207

東福生駅橋上駅舎よりロケ地全景を望む。
現存、そのこと自体が奇跡であるということがよくわかる。

(撮影日:2014年12月7日)

・・・

<余談>

このロケ地は相当長い期間探し続けていたのですが、全く見つけることができませんでした。
完全に行き詰ってしまい半ば諦めていたあるとき、たまたま特捜最前線第52話「羽田発・犯罪専用便329!」を観ていたところ、見覚えのある給水塔が・・・

hfs_7_kakohfs_1_kako
(左)特捜最前線第52話「羽田発・犯罪専用便329!」より

・・・この特徴的な外観、まぎれもなくこの給水塔です。

すわ一大事とばかりにもう一度観直し、周囲の状況を分析してみると、
①米軍基地の近く
②単線の線路
③踏切
ということがわかりました。

上記の条件を全て満たす場所がどこかにあるはずだと、横田基地周辺を徹底的に調べたところ・・・

hfs_8_kako
国土地理院HP 地理院地図 空中写真CKT7416-C24-16(1974/12/26(昭49))よりトリミング加工

ありました・・・!!
単線は八高線、交差する踏切は福生第三号踏切、そして横田基地敷地内にそびえ立つ給水塔。
まさにこの場所!!
ようやく見つけることができました。

hfs_7_kakohfs_7_20141207

福生第三号踏切。
今回のロケ地解明の糸口となった場所です。

スポンサーサイト

PageTop

都電荒川線高戸橋付近 新宿区西早稲田

宇宙刑事ギャバン第15話「幻? 影? 魔空都市」より

ttb_1_kakottb_1_20141019

S字カーブが印象的な都電荒川線の軌道です。
跨線橋は目白通りの千登世橋です。

ttb_2_kakottb_2_20141019

無限の彼方へと続く線路が幻想的。
消失点に吸い込まれてしまいそうです。

ttb_3_kakottb_3_20141019

現在はご覧の通り。
残念ながら立ち入ることはできません。

ttb_4_kakottb_4_20141019

橋梁は鮮やかなフレッシュグリーンにリペイントされています。

ttb_5_kakottb_5_20141019

劇中一瞬確認できる「白十字株式会社」の看板。
本社所在地です。

ttb_6_kakottb_6_20141019

劇中彼方に見える建物はサンシャイン60です。
現在は建設中の豊島区新庁舎の影に隠れてしまっています。


ここは、都電荒川線学習院下停留場から南へ約200m、神田川に架かる高戸橋およびその周辺です。

撮影は千登世橋~高戸橋付近の軌道内で行われているため、もしかすると随分早朝の撮影だったのかもしれません。

明治通りと併走する都電荒川線は、高戸橋を過ぎたあたりで大きく東にカーブし、新目白通りと併走します。
この明治通りと新目白通りが交わる高戸橋交差点付近は、荒川線を間近で見ることができるため撮影スポットとしても有名です。

都電とサンシャイン60という昭和の魅力満載のスポットだったのですが、豊島区新庁舎の完成によってその景観と楽しみ方も若干変わってしまうことでしょう。

ttb_7_20141019ttb_8_20141019

(左)毎度おなじみの銘板。達筆である。
(右)想像以上に水量も多く、流れも急な神田川。
 
ttb_9_20141019

しまった、ロケ地に夢中になって都電をフレームに収めるのを忘れてしまった・・・

(撮影日:2014年10月19日)

PageTop

エクソンモービル北東京油槽所跡 埼玉県和光市新倉

宇宙刑事ギャバン第16話「初恋は宝石の輝き さようなら銀河特急」より

わかばとベンの秘密の場所です。

exmb_1_kakoexmb_1_20130428

小林義明監督による大変叙情的なショット。
ハルジオンは変わることなく咲き続けています。

exmb_2_kakoexmb_2_20130428

ほぼ変わることの無い風景。
対岸の巨大プラントが時の経過を物語っています。

exmb_3_kakoexmb_3_20130428

在りし日の油槽所全景
現在はご覧のとおり、跡形もありません。


ここは、国道298号及び東京外環自動車道の幸魂大橋から南東へ500m、新河岸川沿いにかつて存在していた「エクソンモービル北東京油槽所」の跡地です。

現在は解体され更地となってしまいましたが、2000年代後半位までは存在していたようです。

荒川および新河岸川は東映作品には頻繁に登場しますが、この劇中光景はもはや存在していません。
当時の姿をこの目で見ることができないことが返す返すも残念です。

exmb_4_20130428

人為的構造物の痕跡発見。
もしかすると、今は無き橋の基部だったのかもしれない。

exmb_5_20130428

川と鉄塔群。
なかなかの絶景である。

(撮影日:2013年4月28日)

PageTop

東京都交通局志村寮4号棟 板橋区高島平

宇宙刑事ギャバン第15話「幻? 影? 魔空都市」より

nsd_1_kakonsd_1_20130901

フェンスが設けられたことを除けば、全く変わりありません。

nsd_2_kakonsd_2_20130901

どれだけの間、時が止まっているのでしょうか。

nsd_3_kakonsd_3_20130901

もはや外界とは隔絶されています。

nsd_5_kakonsd_5_20130901

速やかに、そして確実に朽ちつつあります。


宇宙刑事シャリバン第13話「強さは愛だ 英雄たちの旅立ち」より

nsd_7_kakonsd_7_20130901

唯一にして最大の変化。
車両が直進できないように段差が設けられています。

nsd_10_kakonsd_10_20130901

それ以外は、全てが当時のままです。


ここは、都営地下鉄三田線西台駅の北西約200mに位置する、東京都交通局志村寮4号棟です。

70年代後半から80年代前半の東映作品では頻繁に登場するため、ご存知の方も多いことでしょう。
その構造は非常にユニークであり、三田線車両基地の線路の上に浮かぶように、住宅そのものが柱に支えられて建っています。
さながら空中住宅です。

また、隣接する西台アパートはその景観とその迫力(ツインコリダーx4!!)、そして何よりもその立地(三田線車両基地上の広大な人工地盤の上に建設!!)において他を圧倒しており、団地マニアの方々からは聖地のひとつとして数えられているようです。

大変残念なことではありますがこの4号棟、もはや立ち入り禁止になっており、そう遠くない未来に解体される運命にあるようです。
またひとつ昭和が消えていきます。

nsd_11_20130901

この迫力!!
まるで空中戦艦のよう。

nsd_12_20130901

浮かぶ団地。
超現実的な光景であり、見れば見るほど魔空空間である。

nsd_13_20130901

この地を象徴する西台アパート群。
空が落ちてこないよう、しっかりと支えているようにもみえる。

(撮影日:2013年9月1日)

PageTop

王禅寺公園 神奈川県川崎市麻生区王禅寺西

宇宙刑事ギャバン第39話「学校から帰ったらぼくの家はマクー基地」より

劇中、メインの舞台となる公園です。

ouzenji_1_kakoouzenji_1_20120804

たばこ・たき火禁止の看板を除けば、ほぼ当時のままです。

ouzenji_2_kakoouzenji_2_20120804

当公園を象徴する大変印象的なモニュメント。
寸分違わず現存しています。

ouzenji_3_kakoouzenji_3_20120804

ツトム君宅前。
こちらも変わらぬ街並。

ouzenji_4_kakoouzenji_4_20120804

立地が印象的なツトム君宅はリフォームされたようです。

ouzenji_5_kakoouzenji_5_20120804

当時は無かった藤棚(?)が追加されています。

ouzenji_6_kakoouzenji_6_20120804

電柱と照明が一致しているのが判ります。
画面後方のお住まいはすべて建て替わっているようです。

ouzenji_7_kakoouzenji_7_20120804

バス停はもちろん現役です。

ouzenji_9_kakoouzenji_9_20120804

円形の砂場、ブランコ、鉄棒、すべてが欠けることなく揃っています。

ouzenji_10_kakoouzenji_10_20120804

場所も変わりありません。


ここは、小田急線新百合ヶ丘駅から南東約1.5kmに位置する公園です。
70年代前半に周囲一帯の住宅地とともに開発されました。
特撮においては、開発当時から撮影・特写会にと頻繁に使用されてきた由緒ある(?)公園です。

周囲は丘陵地のため大変起伏に富んだ地形となっており、車もしくはバスを利用しない限り辿り着くことは極めて困難です。

公園自体は大変広く、児童遊園・広場・遊歩道といくつかのエリアに分けられています。

ouzenji_11_20120804

印象的なエントランス。
過去何度かリペイントされているようです。

ouzenji_12_20120804

大変ユニークな構造。
まるで要塞か軍事施設の跡地のようです。

PageTop