まんじフラワーショップ
-東映大泉作品ロケ地検証紹介サイト-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

関越自動車道下 練馬区大泉町 その3

『兄弟拳バイクロッサー』登場話多数より

キャッツワーク商会およびその周辺です。

第2話「ダイヤを好む帝王」より

kes_12_kakokes_12_20150322

周辺環境の大幅な変化に伴い、当時の建物は消失しています。


第4話「弱虫少年の超能力」より

kes_13_kako

画面右上にご注目、「二?丁目5」と読めます。
「練馬区大泉町2丁目5」と一致します。


ここは、以前もご紹介いたしました関越自動車道下です。

関越道のレーン増加および外環道の建設により周辺環境は劇的に変化してしまっています。
特にこの場所は、大泉ジャンクションの中心地であるため広大な範囲にわたって地形が造り変えられています。
そのため、1985年当時の劇中映像は極めて貴重な歴史的資料といえましょう。
特に以下にご紹介する一連のシークエンスは、この場所の全体像を把握する上で非常に参考になるものとなっています。


第6話「おもちゃになった小猫」より

kes_14_kakokes_14_20150322

関越道に沿って北西から南東へと向かう水野兄弟。
現在この道路はご覧のとおり消滅してしまっています。

kes_15_kakokes_15_20150322

水野兄弟は橋を渡った後左折、関越道をくぐり右折。
橋下には現在も白子川が流れています。

kes_16_kakokes_16_20150322

劇中画像の関越道の下に白子川を跨いで水管橋が確認できます。
現在の水管橋は橋よりも低い位置にあります。

kes_17_kakokes_17_20150322

当時は遥か彼方まで道路が続いていました。
右側に建ち並ぶ家々はその痕跡すらありません。

kes_18_kakokes_18_20150322

・・・が、当該ロケ地には一軒の御邸が!!
ファサードが似ているのは偶然でしょうか?


第3話「お化け空缶珍騒動」より

kes_19_kakokes_19_20150322

左側に建ち並ぶ家々は現在は公園と化しています。

kes_20_kakokes_20_20150322

左奥へと続く道路は区画整理後も現存しています。


第10話「シルビア街を行く」より

kes_22_kakokes_22_20150322

非常にわかりにくいですが、銀次郎の後ろに「A-17」の文字が確認できます。
これは、「関越練馬インター入口から数えて17番目の柱」の意と推測されます。

・・・

この地域に関しては極めて資料が少なくエリアも限定されているため、調べれば調べるほど新たな事実が判明いたします。
非常に興味深くロマンあふれる場所です。

私の近所の石神井図書館には、
『東京外かく環状道路練馬地区関連遺跡 序編』(東京外かく環状道路練馬地区遺跡調 1995)
という大変興味深い文献が所蔵されています。
この本には、外環道建設に伴い発掘された遺跡に関するレポートとともに外環道建設前後の空撮画像が満載されており大変興奮する内容となっています。
まだまだ調べ甲斐がありそうです。

kes_23_20150322

もはや当時の乱雑さは無く、同一の場所とは思えない。
関越道がある種のアートのようである。

kes_24_20150322

関越道と緑地のある光景。
互いのグリーンがよく映える。

(撮影日:2015年3月22日)

スポンサーサイト

PageTop

私邸 練馬区東大泉

『兄弟拳バイクロッサー』第1話「嵐を呼ぶ兄弟戦士」より

水野兄弟の自宅です。

mznk_1_kakomznk_1_20150322

まさにこの場所!!
少しも変わることなくご健在です。

mznk_2_kakomznk_2_20150322

突き当たりの建物も現存。
道路標識も一致しています。

mznk_3_kakomznk_3_20150322

ローアングルからのショットも撮り甲斐があります。

mznk_4_kakomznk_4_20150322

全てが当時のままです。
今にも水野兄弟が飛び出してきそうではありませんか。

mznk_5_kakomznk_5_20150322

道路の右側は建て替えが進んでいますが、左側は殆ど変化が無いことがわかります。


ここは、西武池袋線大泉学園駅から北北東へ約500mの場所に位置しています。

こちらの御邸は東映撮影所から近いこともあり、『宇宙刑事シャイダー』第21話をはじめ他の東映作品でもしばしば登場いたします。
30年近くを経た現在でも全く変わらぬその外観は、ファンにとっては喜ばしいことこの上ありません。

この周辺地区は「将校住宅」とよばれ、大泉学園屈指の歴史あるエリアです。
そのため近年、個人邸の建て替えが急速に進んでいます。
願わくばこちらの御邸はこのまま残し続けていただきたいものです。

mznk_6_20150322

閑静な住宅街。
ブランド力もありその人気は高い。

(撮影日:2015年3月22日)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。