ロケ地まち案内
-東映大泉作品ロケ地検証紹介サイト-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

鬼子母神前 豊島区雑司が谷

「ドカベン」(1977)より

kbj_1_kakokbj_1_20141019

まさにこの場所!!
36年の時を経ようとも、全く変わるところがありません。

kbj_2_kakokbj_2_20141019

3連アール窓が印象的な「真佐美美容室」の建物もそのまま。

kbj_3_kakokbj_3_20141019

劇中と変わらぬケヤキが見事な「鬼子母神大門欅並木」です。
道路は石畳となっています。

kbj_4_kakokbj_4_20141019

もう、まさにこの場所!!
今にもドカベンが飛び出してきそうではありませんか。


ここは、都電荒川線鬼子母神前停留場の西側に位置するY字路です。

右は鬼子母神大門ケヤキ並木、左は鬼子母神通り商店睦会となっており、ご覧の通り昭和の風景を色濃く残しています。

東京メトロ副都心線の開業や豊島区新庁舎の建設に伴い周辺の昭和は失われつつありますが、この場所はいつまでも残り続けて頂きたいものです。

この日は御会式(おえしき)の日であったため、地元の方々は祭りの準備にと大変活気のある様子でした。

余談ではありますが、こちらの鬼子母神の「鬼」の字には、正式には上の「´ 」がありません。
これは、釈迦の教えにより改心した鬼子母神の角は取れ、鬼ではなくなったためだそうです。
なんとも説得力のあるエピソードだと思いませんか。

kbj_5_20141019kbj_7_20141019

(左)ケヤキ並木の入口。「都指定天然記念物」とある。
(右)鬼子母神境内は祭りの準備中。

kbj_6_20141019

都電と高層ビル。
雑司が谷界隈独特の光景である。

(撮影日:2014年10月19日)

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。