ロケ地まち案内
-東映大泉作品ロケ地検証紹介サイト-

狭山公園宅部池付近 東京都東村山市多摩湖町

『キカイダー01』第32話「地獄に呼ばれるビジンダー」より

symkn_01_kkd0132 symkn_01_20170823

狭山公園の「瀧見橋」です。
壁面の汚れを含め劇中当時と全く変わりありません。

symkn_02_kkd0132 symkn_02_20170823

非常に印象的な親柱。
上部にオブジェ(?)が追加されているのがわかります。

symkn_03_kkd0132 symkn_03_20170823

狭山公園の「宅部池」です。
こちらも劇中当時とほとんど変わりありません。

symkn_04_kkd0132 symkn_04_20170823

宅部池西側です。
もちろんバス停はフェイクです。

symkn_05_kkd0132 symkn_05_20170823

背後の木々の茂り具合が一致しています。

symkn_06_kkd0132 symkn_06_20170823

堤防は大幅に改修が行われ強化されています。
高さもアップしているのかも知れません。


ここは、多摩湖の東側、狭山公園のほぼ中央部に位置する宅部池付近です。

「宅部池」と書いて「やけべいけ」と読みます。
通称「たっちゃん池」の名で皆に親しまれています。

「瀧見橋」はその名のとおり、多摩湖の余水吐の放水路である「十二段の滝」に架けられた橋です。
瀧見橋も十二段の滝もいずれも大正時代(!)の建築だそうです。

この狭山公園一帯は東映大泉撮影所からも比較的近いため使用頻度も高い場所となっています。
そのため特撮作品のみならず古くは『特別機動捜査隊』、『キイハンター』、『プレイガール』などでも使用されています。

symkn_07_20170823

宅部池全景。
2016年1月にかいぼりが行われた。

symkn_09_20170823

十二段の滝。
現在は非常時以外は使用されないとのこと。

symkn_08_20170823

多摩湖まで来たからにはこのショットは撮らねばなるまい。

(撮影日:2017年8月23日)

スポンサーサイト

PageTop

長命寺 練馬区高野台 その2

本件に関してkamimodo様より貴重な情報をご提供頂きました。
この場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございました。


キカイダー01第4話「怪奇!幽霊ロボット消滅!?」より

アキラが銀エビに襲われる参道です。

cmj2_1_kakocmj2_1_20130707

地蔵および宝篋印塔は全てが当時のままです。

cmj2_2_kakocmj2_2_20130707

正面の御影堂は建て直されたようです。

cmj2_3_kakocmj2_3_20130707

納骨塔に立つ大変罰当たりな01。
緑に遮られて同アングルの撮影は不可でした。

cmj2_4_kakocmj2_4_20130707

ハカイダー得意のポーズ。
その木も今は無く、ただ痕跡のみが残ります。


ここは、前回ご紹介いたしました長命寺境内北西部、奥之院御影堂に続く参道です。

この長命寺奥之院は高野山奥之院を模して造られたため、東高野山という山号になり、ここ「高野台」の地名の由来にもなっているそうです。

西側には墓地、緑に包まれた参道には石仏、地蔵、宝篋印塔が立ち並びます。
日本人にとっては大変馴染みの深い、独特の静寂感に包まれた空間が形成されています。

cmj2_5_20130707cmj2_6_20130707

(左)御影堂より参道を望む。
(右)御廟橋より御影堂を望む。

cmj2_7_20130707

なんだかノスタルジックでセンチメンタルな感情が呼び起こされる。
原風景なのかもしれない。

(撮影日:2013年7月7日)

PageTop