まんじフラワーショップ
-東映大泉作品ロケ地検証紹介サイト-

宇宙刑事シリーズロケ地MAP

このたび「宇宙刑事シリーズロケ地MAP」なるものを作成いたしました。
もともとは自分の備忘録用として作っていたものですが、より多くの宇宙刑事シリーズのファンの方々に共有して頂きたく思い、未完成ながらアップすることにいたしました。
もちろん、現段階ではあくまでも備忘録レベルですのでお見苦しい点が多々あると思います。
改めて1話から観直し、随時場所の追加や体裁などを整えていこうと考えております。
何卒ご了承のほど宜しくお願いいたします。

こちらからどうぞ→宇宙刑事シリーズロケ地MAP

また、ロケ地に関する情報のご提供や間違いのご指摘などもお待ちしております。

スポンサーサイト

PageTop

横浜新道今井IC付近 神奈川県横浜市保土ケ谷区今井町

『特別機動捜査隊』第650話「二億円の謎」より

imiic_1_tks650 imiic_1_20170504

前方の円形の建物は「トラベルロッヂ」と読めます。
環状2号線の建設にともないその敷地は消滅しています。

imiic_2_tks650 imiic_2_20170504

「モテルインペリアル」と読めます。
現在は「ホテルGOLF保土ヶ谷」となっています。

imiic_3_tks650 imiic_3_20170504

「ヴィラプリンス」と読めます。
現在は「HOTEL W-MULIA」となっています。

imiic_4_tks650 imiic_4_20170504

この惚れ惚れするようなシルエット!
これぞ昭和のモーテル!

imiic_5_tks650 imiic_5_20170504

「HOTEL シャトー横浜」と読めます。
前述の「トラベルロッヂ」同様、環状2号線の建設にともないその敷地は消滅しています。

imiic_6_tks650 imiic_6_20170504

右下に碇のマークが見えますが、このモーテルのロゴマークでしょうか?

imiic_7_tks650 imiic_7_20170504

1970年代と現代の感性の違いというものがよくわかります。


『ザ・ボディガード』第5話「喪服の女に手を出すな」より

imiic_8_tks650 imiic_8_20170504

伝説のモーテル、「モテル京浜」の1974年当時の貴重な映像です。

imiic_9_tks650 imiic_9_20170504

「ニュー京浜」と名前は変わっていますが、遠方からでも一目でわかる巨大な看板は健在です。


ここは、横浜新道「今井IC」(当時は「国際ゴルフ橋IC」)周辺一帯のラブホテル街です。

日本式モーテルの歴史は1968年の「モテル京浜」(現「ニュー京浜」)に始まりました。
いわばラブホテル発祥の地がこの今井IC周辺になります。

一般にラブホテルに関する映像資料は非常に乏しく、またその移り変わりも激しいため、これらの作品に映る当時の映像は極めて貴重なものであるといえましょう。

今回取り上げた2作品には、以下の5つのモーテルを確認することができます。
「トラベルロッヂ」
「インペリアル」
「ヴィラプリンス」
「シャトー横浜」
「モテル京浜」

1978年の航空写真でその位置を確認してみようと思います。

imiic_10_tks650

一際目立つ円形の建物が「トラベルロッヂ」、その左下が「インペリアル」です。
横浜新道に架かる国際ゴルフ橋を渡った先にある巨大な西洋城が「ヴィラプリンス」、その右下にある小さな城が「シャトー横浜」だと思われます。

国際ゴルフ橋を挟んだ向かいには「モテル京浜」があります。
『ザ・ボディガード』劇中ではそのガレージ内部の詳細にまでわたって撮影されており非常に貴重な映像資料となっています。

劇中には登場しませんが、空中写真からは「モテル京浜」の向かいにもコテージ型のモーテルが確認できます。
おそらくは日本城をモチーフにした「天守閣」というモーテルだと思われます。

このような東洋も西洋も少しの矛盾も無く混在する非日常的な空間こそが、昭和の日本が誇るモーテル文化の光景であり魅力といえましょう。

imiic_11_tks650

2017年現在、「ヴィラプリンス」であった場所は「W-MULIA」となっており、その隣には同系列の「W-CUTE」が建っています。
数年前まではこの「W-CUTE」は「トラベルロッジ」というホテルでした。
もしかすると、環状2号線の建設にともない消滅した旧「トラベルロッヂ」が移転した姿だったのではないでしょうか。
(あくまでも劇中の円形の建物が「トラベルロッヂ」であることを前提とした仮説です)

imiic_12_20170504 imiic_13_20170504

(左)日本式モーテルのさきがけ。当時は空室待ちの車が列を作って並んでいたという。
(右)オーラが違う。老舗の堂々たる風格。

imiic_14_20170504

横浜新道、国際ゴルフ橋、そしてラブホ群の位置関係がよくわかるパノラマビュー。

(撮影日:2017年5月4日)

【参考文献】
『ラブホテル進化論』 金益見 文春新書
『性愛空間の文化史 -「連れ込み宿」から「ラブホ」まで-』 金益見 ミネルヴァ書房

PageTop

こま武蔵台ニュータウン 埼玉県日高市武蔵台

『宇宙刑事シャイダー』第26話「魔界ゾーン大当たり」より

kmmd_0_sd26 kmmd_00_sd26

当エピソードにおいて印象的に使用される、ニュータウンを一望することのできるこの高台は、現在は西武鉄道武蔵丘車両検修場の敷地内であるため立ち入ることはできません。
くわえて車両検修場開設にあたりこの高台は大幅に掘削されたものと思われます。
非常に残念ではありますが、もはや同一アングルでの撮影は不可能なものとなっています。


kmmd_01_sd26 kmmd_01_20170226

上記高台からの望遠ショットのため現在では不可能なアングル。
屋根の形状と窓の配置からこちらの御邸であることがわかります。

kmmd_02_sd26 kmmd_02_20170226

背後に映る山は日和田山です。

kmmd_03_sd26 kmmd_03_20170226

象徴的にインサートされるニュータウンのショット。
いずれの御邸も当時のままです。

kmmd_04_sd26 kmmd_04_20170226

印象的な「大階段」も全く変わることがありません。

kmmd_05_sd26 kmmd_05_20170226

高台に建てられた御邸からはニュータウンを一望することができます。

kmmd_06_sd26 kmmd_06_20170226

先述の「大階段」を上った先がこの辺りになります。

kmmd_07_sd26 kmmd_07_20170226

右側の御邸の屋根の色に若干の変化が見られます。
それ以外は殆ど変化がありません。

kmmd_08_sd26 kmmd_08_20170226

植木、擁壁、標識と全てが一致しています。

kmmd_09_sd26 kmmd_09_20170226

当時と異なる点を発見することが困難です。

kmmd_10_sd26 kmmd_10_20170226

その一方で擁壁の経年変色がその歳月を物語っています。

kmmd_11_sd26 kmmd_11_20170226

これまた撮影不可能なアングル。
可能な限り似せたつもりですが、実際は先述の高台からロングで撮っています。

kmmd_15_sd26 kmmd_15_20170226

劇中最も印象的なショット。
住宅の背後にそびえ立つ配水塔がこの町のシンボルとなっています。

kmmd_16_sd26 kmmd_16_20170226

背後の御邸は寸分違わず現存しています。

kmmd_17_sd26 kmmd_17_20170226

この町で最も大きな交差点です。
右下の空地が駐車場になっているのがわかります。

kmmd_18_sd26 kmmd_18_20170226

この町で最も高いところにある(と思われる)御邸です。
33年を経ても全く変わりありません。

kmmd_19_sd26 kmmd_19_20170226

先ほども登場した住宅街です。
割と狭い範囲をぐるぐる回っていることがわかります。

kmmd_21_sd26 kmmd_21_20170226

屋根の色にご注目。
くどいようですが、当時と異なる点を発見するのが困難です。

kmmd_22_sd26 kmmd_22_20170226

先述の交差点を東から南に向かって走るアニー。

kmmd_23_sd26 kmmd_23_20170226

この坂道を上りきった先に配水塔があります。

kmmd_24_sd26 kmmd_24_20170226

バス停はもちろんフェイクです。
「ニュータウン北」とありますが、実際の場所はニュータウンの南です。

kmmd_25_sd26 kmmd_25_20170226

この広い交差点は大立ち回りを演じるには最も効果的な場所であるといえましょう。

kmmd_26_sd26 kmmd_26_20170226

33年前の時点でかなり育っていた街路樹の枝は落とされてしまっています。

kmmd_27_sd26 kmmd_27_20170226

公園の遊具はリペイントこそされていますが配置も含め当時のままです。

kmmd_28_sd26 kmmd_28_20170226

当時と比較した配色の妙が興味深いものとなっています。

kmmd_29_sd26 kmmd_29_20170226

縁石部分の乱れにようやく年月の変化を感じ取ることができます。

kmmd_30_sd26 kmmd_30_20170226

当時の滑り台の後方に見える造成地が件の高台です。

kmmd_31_sd26 kmmd_31_20170226

交差点西側にある特徴的な階段も現存しています。

kmmd_33_sd26 kmmd_33_20170226

ラストシーン。
メイン一家の御邸も現存しています。
右手の庭木の成長のみが明確な年月の経過を物語っています。

kmmd_34_sd26 kmmd_34_20170226

当時と印象は異なりますが、よく見ると全てが現存していることがわかります。

kmmd_35_sd26 kmmd_35_20170226

こちらも現在撮影不可能な高台からのアングル。
高麗駅ホームから超望遠で撮りました。


ここは、西武池袋線高麗駅の南一帯に広がる「こま武蔵台ニュータウン」です。

1970年代後半から分譲が始まったこの広大なニュータウンは、本放送当時の1984年はまさに最盛期であったと思われます。
劇中同様に夢にあふれたニュータウンでしたが、40年近くが経過した現在は住民の方々の高齢化が進み、さまざまな問題を抱えてしまっているのが現状のようです。
実際に現地に行って驚いたことは、これだけの広大な町であるにもかかわらずスーパーマーケットやコンビニが一軒も無いということでした。

劇中と殆ど変わりの無い現在のその姿は、当時既に町として完成されてしまっており、それ以降の新陳代謝が進まなかったからなのかもしれません。

kmmd_36_20170226 kmmd_37_20170226

このような坂道や急激な高低差が町内いたるところにある。

kmmd_38_20170226 kmmd_39_20170226

果てしない坂道や急階段が続く町並み。
徒歩では結構辛いものがある。

kmmd_40_20170226 kmmd_41_20170226

(左)「こま武蔵台ショッピングセンター」 かつてはこの町の中心であったと思われる。
(右)広大な調整池。こういうのを見ると大変ノスタルジックな気持ちになる。

kmmd_42_20170226

カラフルな滑り台と配水塔。
小林義明監督チックである。(当エピソードは小西通雄監督です)

(撮影日:2017年2月26日)

PageTop

朝霞中央公園 埼玉県朝霞市青葉台

『宇宙刑事シャイダー』第4話「犬になった子供達」より

askck_1_sd4 askck_1_20170129

どこまでも連なる特徴的な柵は当時のままです。

askck_2_sd4 askck_2_20170129

ケヤキ並木の驚くべき成長ぶりには目を見張るものがあります。

askck_3_sd4 askck_3_20170129

かなり幅の広い歩道であり、自転車の通行も可能です。
当初は車道として計画されていたのかもしれません。

askck_4_sd4 askck_4_20170129

コンクリート製の柵には33年という年月による経年変色がみられます。
しかしながら、実に味わい深いものとなっています。

askck_5_sd4 askck_5_20170129

彼方の建物は「朝霞市立朝霞第八小学校」です。
南側には「朝霞中央公園野球場」があります。

askck_6_sd4 askck_6_20170129

北側には「朝霞中央公民館」と「朝霞市立総合体育館」が確認できます。
高所からの撮影のため、残念ながら同アングルは不可能でした。


ここは、東武東上線朝霞駅から南西へ約800mに位置する「朝霞中央公園」です。

かつてこの場所は「キャンプ・ドレイク」と呼ばれた米軍基地の一部でした。
1970年代半ばの返還後、その敷地は当公園や公民館、図書館、学校に転用されています。

公園完成は1982年、広大な敷地内には陸上競技場、サッカー場、野球場、ジョギングコースがあり、本格的なスポーツを楽しむことができます。
この日も少年サッカーで大いに盛り上がっていました。

askck_7_20170129 askck_8_20170129

(左)朝霞中央公園案内図。極めてシンプルである。
(右)朝霞中央公園陸上競技場メインスタンド入口。

askck_11_20170129

想像以上に広大な運動場。
観戦用スタンドや400mトラックも完備。

askck_10_20170129

隣接する「朝霞中央公民館」。
ここはビザンティウムかコンスタンティノープルか。
なかなか異国情緒漂う佇まいである。

(撮影日:2017年1月29日)

PageTop

御礼

オフ会&新年会ご参加の皆様、お疲れ様でした。

生憎当日は仕事があり二次会途中からの参加となったため、自己紹介もできず申し訳ございませんでした。
皆様から色々なお話をお伺いすることができ、短いながら大変貴重な時間を過ごすことができました。
本当にありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

スペシャルゲストのN様、直接お話させて頂くことができ身に余る光栄でございます!
私にとって一生の思い出です!
心から御礼申し上げます、ありがとうございました!!

PageTop